。はにかむ



【落語】吉田さんのソファー

2006年07月31日
紀伊国屋サザンシアター

正式名称は「春風亭昇太新作落語集~オレスタイル特別編 吉田さんのソファー」。なげー。

だらだらと突っ立ったまま話が始まり携帯電話撲滅キャンペーンビデオ放映(師匠春風亭柳昇と人間国宝一龍斎貞水共演)
「おやじの王国」
「遠い記憶」
栗コーダーカルテット
「吉田さんのソファー」

予告編を作るとすると、こんなカンジ

「なかじま」
「なかしまでしゅ」
「さんま」
「あきあじ」
「さんま」
「あきあじ」
「ままままままま」
「さーけーはのーめーのーめー(手ぬぐいから人差し指を出してぴょこぴょこ)」
「しゃーけーはのーめーのーめー(くぐもった声で)」

伝わりましたでしょうか。

ゲイコイリアルに出た話だの、秋味のCMに出た話だの、葛切と水羊羹と生卵で死にそうな上に酒が届く話だの(いや、それはおすそ分けすればいいのでは)、三遊亭白鳥の恩師の「金のしゃちほこ」はすごかっただの、そんな話が押して押して、終わったらとっくに9時半過ぎてございましたよ。いや、45分は過ぎてたかな。
ビデオの春風亭柳昇が妙に可愛らしかったのでございますが、一瞬やつれた「鄧小平」かとも思いました。

しかし、悲しい話ばかりなのに、聞いた後の感覚は愉快なのはどういうことなんだろうなあ。
悲劇の本質なんじゃろか。人間ってそら恐ろしい。

そうそう、はじめての生栗コーダーカルテット。生栗。
やる気のないダースベイター(いや、そんなタイトルではないのだが)、だの、ピタゴラスイッチだの聞けて嬉嬉。
チラシに入っていた新譜情報によると、カバー集の曲目の中に「ウルトラセブン」があるのもズキュン(ハート打ち抜かれ)なのですが、いやそれよりも「サイモンの夢」が入っちゃってますよ。ペンギンカフェオーケストラですよ、ペンギンカフェオーケストラ。キー、買うよ。買うよ。
[PR]
by bithoney | 2006-08-02 17:20 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
<< 老人と子供のムシキング 【歌舞伎】七月大歌舞伎 夜の部 >>

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング