。はにかむ



岩波文庫の尼僧ヨアンナの背表紙だけでムラムラできる中学生


この橋渡るべからず

「どうするでゴザル、インリン殿」
「チョット待つよ、シンエモンさん。」

(おもむろに体育座りのインリンさん)
ポクポクポクポクポクポク、、、、チーン(で、M字開脚)
(血走った眼でそれを観るシンエモンさん)

「ムラムラしてきたでゴザルよ!流石はインリン殿」
「シンエモンさんもお年頃ネ」
「やや、これは一本取られたでゴザル」
「うふふふふふふふふ」
「あはははははははは」
「うふふふふ。あはははは。」

橋の向こうの桔梗屋を無視してそのまま帰るインリンさんなのでした。


          文部省推薦アニメ「インリンさん」より


さて。
長い前フリの後に、インリンさんと全く関係ない話を始めます。

「。はにかむ」1周年記念として、みつばちちゃんったら
お手持ちの辞書のアハーンな語彙をマーキングの上、ご返送 だの
1周年記念俺だけオフ「銀座のジャポネで14:00にジャリコを喰い、16:00にナポリタンを喰う」を決行したりと大活躍の今日この頃ですよ。

ふー(額に光る汗を手の甲でぬぐいながら)

誰からも相手にされていませんよ。 にっこり。


話戻って、辞書のマーキングの件なのですが、
今、語句の選定に悩んでおります。

尼僧」や「海女
はマーキング必須の語句なのは皆さまにも異存はなかろうかと思います。

朝8時頃の埼京線で「海女!」なんて叫んでごらんなさい。
もう、殿方の前かがみの勢いであやうく横転事故ですよ。
ましてや「尼僧」などと声に出したら、あわわわわわわ。

っつーワケで尼僧と海女はマーキング決定なのですがね、
「スベスベマンジュウガニ」はいかがなものか、、、と。

まんじゅうなのに、すべすべ。
なのに、蟹。
すべすべなまんじゅう、で天国を見せておいて、蟹で奈落。

あややに似てる子連れてくるから、と言われて合コンに出かけたら、
ガッツ石松似が目の前に座ってた、並みの萎え萎え。
でも、「すべすべまんじゅう」の語句は抗えないほどの魔力を感じる。

、、、、よし、妥協しよう。
この際「すべすべまんじゅう」だけにマーキングして、残りの「蟹」は無視。
これで行こう。



しかし、「すべすべまんじゅうがに」が載ってる辞書探すほうが難しいよな。うん。
[PR]
by bithoney | 2005-10-18 01:13 | 六角亭日乗
<< 迷わず選べよ、読めば分かるさ。... 【歌舞伎】芸術祭十月大歌舞伎 夜の部 >>

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング