。はにかむ



<   2010年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


【歌舞伎】御名残四月大歌舞伎 第一部【千秋楽】

b0026188_10333481.jpg



2010年04月28日
歌舞伎座 第一部
今回は、一幕見席。最後の最後の名残を惜しんで。

御名残木挽闇爭(おなごりこびきのだんまり)
一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)  熊谷陣屋(くまがいじんや)
連獅子(れんじし)


地下鉄の始発も運行してない朝の3時半に家を出て、ひたすら小一時間歩いてJRのターミナル駅へ。そこから電車に揺られて有楽町。有楽町を出てから小走りで歌舞伎座へ。

歌舞伎座へ着いたのは5時半。

始めは当日券狙いだったけれど、いやはや行列たるや。蛇長すぎる。

当日券はあきらめ、一幕見に並ぶ。一番前の殿方は寝袋にくるまって徹夜だった模様。みんな気合入ってるなー。

いつもだったら、終日まとめてチケット買えたんだけど、いつのまにか(それとも、さよなら公演のみの特別処置か)どんなに早く並んでも買えるのは「一部か、二部か、三部の、どれか一つだけ」。悩み悩んで「一部」にする。三部に後ろ髪引かれるも、12時間並びっぱなしはきついもんなぁ。(観劇をご希望の方は、公演時間になるまで行列から抜け出せないのです。二部だろうが、三部だろうが、その時間が来るまでひたすら並んでいないといけないのです。離脱したら、キャンセルとみなされます。うん、でも、これくらい厳しくないとなぁ。)


とにかく、連獅子は圧巻。これは見れて良かった。
次の二部までの時間を考えてもカーテンコールはありえなかったけど、それでも、拍手はなりやまない。そこは心得てるお客さんで、役者がまた顔を出すのを涎たらして待ってるようなお客じゃなくて、この賞賛が楽屋まで届け届け届けと云う心意気。長い長い拍手。
毛振りも「いつもより余計に回しております」状態。勘太郎、本当に見るたびに目を見張る。おとっつぁんも嬉しかろう。(七之助の毛振りは「半円」型だったけど。うん。)



b0026188_10333440.jpg

b0026188_10333492.jpg

[PR]
by bithoney | 2010-04-30 10:33 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

補足説明


↓歌舞伎座の「千秋楽」にこじつけまちた。うふ。
[PR]
by bithoney | 2010-04-28 10:18 | 六角亭日乗

同案多数かつ今更感漂うネタをあえてアップ



「ぎゃぼー。千秋せんぱーい。」


ガシッッ、ちゅーちゅーちゅー。


#体液を吸われ水面に浮かぶ千秋先輩(ヤゴ)のアップ



---たがめカンタービレ---




朝の5時から歌舞伎座に並んで死にそうなんだよ、こちとら。ちきしょうめ。
[PR]
by bithoney | 2010-04-28 09:44 | 六角亭日乗

【歌舞伎】御名残四月大歌舞伎 第二部


2010年04月25日
歌舞伎座 第二部


菅原伝授手習鑑 寺子屋(てらこや)
三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ) 大川端庚申塚の場
藤娘

罪な寺子屋。だって、同じ舞台に「幸四郎」「玉三郎」「勘三郎」「時蔵」「仁左衛門」が並んじゃって。もう。なに、その絢爛。絢爛ついでに、涎くり与太郎まで「高麗蔵」よ。
ああ、この絢爛さが却って寂しくなるのよ、きっと。来月あたり、用も無いのに歌舞伎座の前まで来て、ぼんやり立ちすくんじゃいそうな自分を安易に想像できて、おセンチな気分。

三人吉三だってそうよ。菊五郎に吉右衛門が並んでたら、割って入れるのはもう團十郎しか居ないじゃないのーー。3人が合体したら、地球どころか宇宙も救えちゃう超合金ロボットになるのよ。右手左手が吉右衛門で、足が菊五郎で、胴体が團十郎(胸に團十郎の顔が立体的に大きく浮き出る感じ)。ロボットの頭部は、故永山会長で。

藤娘。twitterにも書いたけど、藤十郎はどうみても「きんどー日陽」なのに、なんであんなにコケティッシュな娘の顔で踊るのかしら。不思議。不思議。目が離せない。

配役や演目(公式サイトからの転載です)
[PR]
by bithoney | 2010-04-26 09:56 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

賭博ねこに、殺人ちゆりつぷ

b0026188_23302973.jpg


こないだの日比谷公園。

ちゆりつぷはすっかり散り間際で、

ねこは何食わぬ顔だけど耳だけはぴくぴくと正直。

誘拐かすてえら。
[PR]
by bithoney | 2010-04-24 23:30 | 六角亭日乗

【Live】鶴瓶噺 2010

b0026188_222585.jpg


2010年04月22日
世田谷パブリックシアター

日本ツルデミー主演男優賞は、「ぶどうの木」の鶴瓶。

「ゴメン、落語しゃなかった(汗マーク)」
[PR]
by bithoney | 2010-04-22 22:02 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】立川談春独演会 アナザーワールド4

b0026188_15352833.jpg


2010年04月18日
成城ホール

立川談春 「お若伊之助」「包丁」


「やっぱり(三三は)利口者ですね、あいつは(地味で難しい噺を)好きでやっている。俺は損得で決めている。」

言われて気になり、当blog内を遡ってみたら、2007年04月の三三独演で、この「お若伊之助」をやっている。恐るべし三三の趣味。ちなみに、この会では星野屋と錦の袈裟もやっていた。
[PR]
by bithoney | 2010-04-22 15:35 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【歌舞伎】陽春花形歌舞伎 四谷怪談忠臣蔵


2010年04月18日
新橋演舞場 昼の部

計算された悪乗り。してやられた爽快感。「ご承知」「ご存知」のところを、これでもかこれでもかと差し込んでくれる。
[PR]
by bithoney | 2010-04-22 15:15 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】第56回 扇辰・喬太郎の会

b0026188_16381726.jpg


2010年04月17日
国立演芸場

入船亭辰じん 「道灌」
柳家喬太郎 「そば清」
入船亭扇辰 「宿屋の仇討」「阿武松」
柳家喬太郎 「へっつい幽霊」

そば清を補足すれば、

「ヤナギヤQ」
第26話 舐めろ蛇含草(賭け蕎麦星人ソバセー登場)


辰じんの道灌は、喬太郎があげた。ただし「お恥ずかしーぃ!」は辰じんの「工夫」で喬太郎より臭く。
[PR]
by bithoney | 2010-04-18 16:38 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】第98回 朝日名人会


2010年04月17日
有楽町朝日ホール

古今亭志ん坊 「酒の粕」「穴子のからぬけ」
三笑亭可龍 「締め込み」
桂ひな太郎 「湯屋番」
五街道雲助 「文違い」
柳家三三 「三人無筆」
柳家さん喬 「おせつ徳三郎 通し」
[PR]
by bithoney | 2010-04-17 18:26 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング