。はにかむ



<   2009年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


【落語】第26回 読売GINZA落語会


2009年02月19日
ル・テアトル銀座

隅田川馬石 「元犬」
三遊亭小遊三 「蒟蒻問答」
三遊亭白鳥 「明日に向かって開け」
桂吉弥 「ふぐ鍋」
立川志の輔 「メルシーひな祭り」

遅刻して蒟蒻問答の途中から。馬石聴きたかった。

■蒟蒻問答
問答しにきた坊主に煮え湯をかけてやれ、と云われた権助が前日から湯をグラグラ沸かすところが、民話のようなブラックさがあって好き。
「あばよ、千葉よ、っとくらぁ」のセリフでふと、杉浦茂の「あばよ、千葉よ、鳥取県」を思い出す。懐かしい。

■明日に向かって開け
「バールのようなものでこじあけるぞ」「志の輔師匠のネタを取るな」大丈夫、取れてない。かすってもない。
風呂敷をもたもたと扱う白鳥のあざとい可愛らしさ。策士だなぁ。

■ふぐ鍋
出囃子の青い山脈に鼻歌歌う客席のおばーさんがキュート。
米朝「吉弥。南光。米團治は誰が継ぐンや?、、、冗談やて。」(襲名披露でお辞儀をしている最中に、ボソボソ)
「鉄って、あの軍艦作る?」

■メルシーひな祭り
「自宅に居て、中川(昭一)さん見てれば笑えるのに、お越しいただきありがとうございます。」の挨拶から、中川嫁の「大丈夫、大丈夫、日本一」のインパクトについて。
酩酊さておき、メルシーひな祭り。やっぱり、情の描写の細やかさがいい。和菓子屋の主人が好意で出した茶を4杯立て続けに飲む床屋のオヤジの優しさもさることながら、立て続けに飲み干せる温度で茶を出す和菓子屋の主人の心遣いにもジンワリくる。
そして、この話、最大の謎は解けぬまま。そう。冒頭に出てきたおにーちゃんは、やはり「織田信長カット」にされたんであろうか?
[PR]
by bithoney | 2009-02-23 13:17 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】桂小米朝改メ五代目桂米團治襲名披露記念落語会


2009年02月13日
場所:恵比寿ガーデンプレイスの、なんか分かりづらいホール

立川志の春 「つる」
桂団朝 「寄合酒」
桂南光 「義眼」
立川志の輔 「みどりの窓口」
襲名披露口上
桂米團治 「七段目」


桂子米朝あらため桂米ダンディー。
七段目の臭さがたまらなくいい。イヤミなほど、芝居の世界に浸らせてくれるところが憎い。イヤミなのに、イヤミじゃない。
あれー、わたくし、こんなに小米朝好きだったっけなー?

それはそうと、お客さん方の素養の高さが驚異的。
笑い一つ取っても、間といい、長さといい。ピシリと決まるカンジ。久々に気持ちいい客席。
[PR]
by bithoney | 2009-02-19 16:56 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【演芸と云うか歌謡ショーと云うか】柳亭市馬独演会 うたう市馬落語&イッチー with ポカスカジャン


2009年02月11日
東京芸術劇場 小ホール2

柳亭市哉 「転失気」
柳亭市馬 「七段目」
ポカスカジャン
ポカスカ亭イッチーと柳亭ポカスカの昭和歌合戦(またの名を歌謡大作戦)
柳亭市馬 「二番煎じ」


底抜けに楽しい。「底抜け」と云う言葉がふさわしい。

團十郎(当代)の真似をする市馬に「成田屋」と大向がかかる。
そういえば、以前、同じく市馬の独演会に出演した白山雅一の歌右衛門声帯模写に「成駒屋!」といい声がかかったんだが、間といい、声の張りといい同一人物っぽい。
[PR]
by bithoney | 2009-02-19 13:23 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】瀧川鯉昇・柳家喬太郎 二人会 「古典こもり」


2009年02月10日
東京芸術劇場 小ホール

柳家小ぞう 「初天神」
柳家喬太郎 「家見舞い」
瀧川鯉昇 「茶の湯」 「粗忽の釘」
柳家喬太郎 「按摩の炬燵」

粗忽の釘。向かいの住人の説明の細やかさ。
「通りがあるでしょ?今、そこをおばあさんが2人通ったでしょ?もし、釘が抜けてるならそのおばあさん、リンボーダンスしないといけないでしょ?」
相手の資質をただちに見抜き、その理解力に合わて思い込みを解きほぐしてゆく。素晴らしい。コーチングはこうありたい。うむー。


あえて誰の発言が言わないけど、面白かったセリフ集。でも、誰の発言が何故か分かる。

「3500円? オレ、古今亭志ん朝師匠?」

「明日から背面飛びで飛び越えます。」

「ネオンがきらめいたり、噺家の一家が住んだり、最近は大変下品な土地。」

「昼夜公演の合間に床屋に行ってきました。」

「お堀の方々は確実に江戸っ子。べらぼーに、希望、いたします(と、真似)」

「兄貴から1円もらっちまったよ。マネーロンダリングだねー。」


あ、書き切れないや。

なんつーか、もう、この二人大好き。
[PR]
by bithoney | 2009-02-18 22:43 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【歌舞伎】二月大歌舞伎 昼の部


2009年02月08日
歌舞伎座

菅原伝授手習鑑
  加茂堤  賀の祝
京鹿子娘二人道成寺
人情噺文七元結


前回も唸ったけれど、芝翫のお駒はつくづくいい。
お久は先妻の子と云う設定は、今回削除されたのかしらん?(それとも、ぼんやりして見過ごしちゃったのかしらん)

しかし、、、菊之助ったらすごいな。期待されたら期待以上のものを見せてくれるカンジ。
そもそも、菊之助に期待する玉三郎の懐の深さや人物そのものの大きさたるや。もう、常人にでは理解できない、あの高さ。

演目や配役(歌舞伎座サイトからの丸写しです)
[PR]
by bithoney | 2009-02-18 12:45 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【文楽】2月文楽公演 第1部


2009年02月07日
国立劇場 小劇場

鑓の権三重帷子

太平の世の中でありながら馬術や槍術に長けている男前。色々ともったいない。

安直ではありますが槍を槍本来では無くチンコの隠喩とすれば、このタイトルでありながら最後までおさいに対してお腰の槍を抜くことの無かったと云うスジが効いてるよなぁ、、、と。でも色々ともったいない。

もったいない男ですよ。
武術に長けて男前。ドラクエに例えれば「ロトの剣(武術に長け)とあぶない水着(男前)」を装備していながら、スライムをつついて回っているような、そんな男。

演目や配役(国立劇場サイトからの丸写しです)
[PR]
by bithoney | 2009-02-17 13:39 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】春風亭昇太27周年記念落語会 感傷旅行


2009年02月04日
本多劇場

春風亭昇太 「マキシム・ド・のん兵衛」 「パパは黒人」 「戦後史開封」 「ハワイの雪」

舞台上には昇太所蔵の真空管ステレオ。

「美しいハーモニーのペペ桜井」のセリフが省かれてしまったマキシム・ド・のん兵衛。痛恨。


「昇太さんの黒いゼニ」は流行語大賞。
[PR]
by bithoney | 2009-02-16 16:03 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】立川生志 ひとりブタ会


2009年02月02日
国立演芸場

立川こはる 「小町」
立川生志 「お見立て」
立川談春 「白井権八 鈴ヶ森」
立川生志 「愛宕山」


「お披露目だけに来るんじゃない」を合言葉に三宅坂に集う我々、、、と、云いたいところだが、談春への拍手の響き方を鑑みると、実際の客の比率はアウェー寄りだったりするワケで。しかし、この容赦ない人々が立ちはだかるのを前にナマシ健闘。大健闘。ナマシ。
そして、こはるまで張りきる。
こうやって能力を引き上げてしまう談春も、つくづくすごい存在だよなぁ。太り気味のボストンテリアみたいなかわいいお顔なのに。

「別れた、、、タクシン!」
愛宕山に、タクシン元首相の離婚話が出てくるとは思わなかった。
[PR]
by bithoney | 2009-02-13 13:37 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】真一文字の会


2009年01月29日
場所:日暮里駅近くの、、なんだっけ?何とかホテルの上んとこ。あの辺り。

春風亭一之輔 「一目上がり」 「くしゃみ講釈」 「薮入り」

サインをねだると「僕の事知ってます?」と答える一之輔の会にやって参りました。
お痩せになったせいか、泉から沸いて出てきた「きれいなジャイアン」っぽいお姿に。

 「一之輔=きれいなジャイアン」

それはさておき、一之輔は聴いて損無し。200円の差異なんかちっぽけなもんですよ。ええ。

※200円については、後日詳細を加筆します。加筆するほどの話か?
[PR]
by bithoney | 2009-02-12 15:47 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【芝居】自転車キンクリートSTORE 「29時」


2009年02月01日
シアタートップス

飽きさせないレベルの高さは流石だのう。
でも、自転車キンクリートがここどまりなのは残念。寂しい舞台。

ところで、横堀の「笑い方」が素晴らしい。わざとらしいのにあざとさが無い。
[PR]
by bithoney | 2009-02-12 13:45 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング