。はにかむ



<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


【落語】ビクター落 語会 蓄音機の犬~ 第25回夜席 さん喬・鯉昇


2008年11月22日
仏教伝道センター

柳家小んぶ
柳家さん喬 「松竹梅」
瀧川鯉昇 「ねずみ」 「粗忽の釘」
柳家さん喬 「一人酒盛り」

国立劇場からタクシーで急ぐも小んぶに間に合わず。かろうじて、松竹梅のマクラに間に合う。安堵。

松竹梅。
ご隠居に能の素養があると云う、さん喬のその説得力。参った。

ねずみ。
「片足でピョンピョンと」「親子だな、これは」が絶妙。「愚痴を聞いてください」と切り出す主の唐突さにムリが無い。これも参った。
「ネコかと思った」で表情が緩むねずみの顔が、高座に上がってお辞儀をした後の鯉昇の照れ笑いと同じ表情で、釣られてこちらも微笑んでしまう。嬉しいサゲ。

粗忽の釘。
マクラの「鯵の開きをポストに入れて、残ったハガキを焼いて食う」ってフレーズがいい。なんなら、尾崎豊の15の夜に挿入してもいい。"盗んだバイクで走り出す。鯵の開きをポストに入れて、残ったハガキを焼いて食う。"ほら、違和感が無い。15の夜って、盗んだバイクで走り出すってトコロしか知らないけど。
本編は、背に荷を担いだまま新居にたどり着くところから。「私の言いなりになっていれば間違いがないんだよ」「アンタが何かやると私の仕事が増えるんだよ。」言いたい放題のお神さん。でも、仲睦まじそうでいい。
男の粗忽っぷりも凄まじいが、それに対する隣人の迎撃もすごい。煙草を吸う男の周りに、水を張った洗面器などを並べてみたりする。「仲人が付いてのアレですか?それともくっつき合い?」の質問に対しても「そういう調査の人?」と迎え撃つ。隣人のキャラ、いいなぁ。うん。「お隣さんいいですか?頭を叩きますよ、ペンペン(と、自分の頭をセンスで叩く)」「貴方の行動は大概分かる。釘の頭を叩いてください。」もナイスツッコミです、隣人。


あ、昼休み終わった。後で加筆します。
[PR]
by bithoney | 2008-11-28 12:56 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

その車掌、埼京につき。


↑黒執事っぽく。てへ。


早朝の埼京線にて。

かじかむのか、はたまた眠いのか、車内アナウンスがカミカミだったのでございます。


  「おしゃしゃしゃっっ。え?・・・。」


自分で噛んでおきながら、え?って何。え?って。

して、「おしゃしゃしゃっっ」は何が言いたかったのでしょうか。

「おしゃしゃしゃっっ」に続けての台詞が「元気ですかー!」だったら、確実に猪木ですよ。JR職員に張り手かまして電車ジャックした猪木が朝の爽やかな挨拶をしてくれたのだな、と合点もいくのですが、実に歯切れが悪い。よって猪木ではない。

さりとて、、、もしや「お客様」と言いたかった?と短絡に結論づけるのは感心しません。大きな見落としがそこにあります。そうです、車内アナウンスが瀬戸内寂聴かもしれないと云う可能性の見落としです。

瀬戸内寂聴なら「お客様」ではなく「お釈迦様」と呼び掛けるはずです。

並べてみましょう。

「おしゃしゃしゃっっ」
「お客様」

「おしゃしゃしゃっっ」
「お釈迦様」


お客様よりお釈迦様の方がより近いではございませぬか。何とか云う事でしょう、偶然とは云え、朝の埼京線の車内アナウンスは瀬戸内寂聴が行っている説を浮上させてしまいました。信じるか信じないかは貴方次第です。


間も空けず寂聴の車内アナウンスが再開されましたよ。


  「お電車が、右に曲がりまあす。」


「お電車」って、寂聴。「お電車」て。

いいですか、「お電車」はJRだから許されるんですよ。これがもし路面電車だったらエライ事でございます。「おちんちん電車」でございますよ。おちんちん電車が右に曲がるのでございます。右に。


 寂聴「おちんちん電車が、右に曲がりまあす。」


寂聴、なんて卑猥な子(白目)


埼京線は止まらない。寂聴とお釈迦様を乗せたまま。
[PR]
by bithoney | 2008-11-26 21:24 | 六角亭日乗

【講演】第8回 演劇フォーラム「乱歩が歌舞伎になった」


2008年11月22日
国立劇場大劇場

「乱歩が歌舞伎になった」
江戸宵闇妖鉤爪 ~明智小五郎と人間豹~ 作品をめぐって

第一部 国立劇場 新作歌舞伎への取り組み(織田紘二理事)
第二部 江戸川乱歩の世界(山田五郎)
第三部 座談「乱歩が歌舞伎になった」
   松本幸四郎・市川染五郎・鳳蘭・岩豪友樹子(脚本)
   進行:大和田文雄


なぜ、山田五郎。
と言う疑問はさておき、実に無難に進める山田五郎。この無難さが凄まじい。経験値やコツ、を"なんとなく"では無くしっかりと見に付けた人間は強いな。

座談のくったり感(煮込んだ翌日のおでんのチクワブ的な)がイカす。
父親が手を出さなかったらどんな乱歩歌舞伎にしてたんだろうな、染五郎。かなり興味がある。

(そうそう、冒頭の新内。あれは染五郎の案だそうな。 もう、それを聞いただけで、染五郎への尊敬がわいたよ、わたしゃ)
[PR]
by bithoney | 2008-11-25 13:27 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【歌舞伎】11月歌舞伎公演 江戸宵闇妖鉤爪


2008年11月22日
国立劇場大劇場

江戸宵闇妖鉤爪(えどのやみあやしのかぎづめ)


2時間弱にまとめあげた力作。スピーディ、、、とも違うし、濃縮された、、、とも違う。この力技をなんと云えばいいんだろう。すごい仕事だなぁ。

とにかく、冒頭の新内に痺れる。
こう使うのか!と、とにかく痺れる。新内の素養の無いわたくしでも、痺れっぱなしなんだから、もう。

しかし、後半に従い理屈っぽいのが残念。設定といい、セリフといい。(とは云うものの、この時間でまとめるには必要な理屈ではある)

総合的に、花丸。乱歩ってとこからして反則だよなぁ。ケチ付けられないよ、その挑戦に。

演目や配役(国立劇場サイトからの丸写しです)
[PR]
by bithoney | 2008-11-24 16:03 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】鯉昇・喬太郎 二人会 ~古典こもり~


2008年11月17日
かめありリリオホール

春風亭正太郎 「転失気」
瀧川鯉昇 「千早ふる」
柳家喬太郎 「禁酒番屋」 「松竹梅」
瀧川鯉昇 「宿屋の富」

時折、鯉昇がギュっと目をつむるんだ。
それが、時に、なんか寂しい。
そんな女心。恋心。
[PR]
by bithoney | 2008-11-24 12:38 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【歌舞伎】吉例顔見世大歌舞伎 夜の部


2008年11月16日
歌舞伎座

菅原伝授手習鑑 寺子屋
新歌舞伎十八番の内 船弁慶
八重桐廓噺 嫗山姥

なんとなく寂しい顔見世。並んだ顔はご馳走揃いなんだがなぁ。うーん。

菊五郎は、もうちょっと、なんつーか、スコーンと青空に抜けるホームランのような、そんな単純明快でかっこいい役をやって貰えたら嬉しいんじゃが。歌舞伎界の長島茂男のような扱いで、ひとつ。

演目や配役(歌舞伎座サイトからの丸写しです)
[PR]
by bithoney | 2008-11-24 12:35 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】第84回 朝日名人会


2008年11月15日
有楽町朝日ホール

柳家花いち 「たらちね」
春風亭一之輔 「鈴ヶ森」
立川生志 「禁酒番屋」
古今亭志ん輔 「文違い」
橘家円太郎 「化物使い」
柳家権太楼 「言訳屋」

こころを読みかけで、今度三四郎を読む。(鈴ヶ森)

↑これ、すごく好き。

しかし、言訳屋は長い。"蛇長すぎる"にも似た感情が沸く。言訳座頭と睨み返しをそれぞれ別の会でみっちり聞きたいような。(贅沢な文句だなぁ、、、我ながら)
[PR]
by bithoney | 2008-11-24 12:27 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

三つ子の銀魂。


小学生2名と銀魂(銀八先生)の話題で盛り上がるが、つい、うっかり

 「おばちゃんね、昔から、くせっ毛メガネの男に弱いの」

と、マジで口を滑らせる40歳(寸)前。広末チックに。



小学生相手にコイバナを聞かせる痛いわたくし(40歳間近・独身)に

 「昔って、いつからー?」

と引きもせずに聞いてくれる小学生たち。お前らイイヤツ、オレサマ頭から丸齧り。



 「35年前くらいから?」

 「ええーーー。そんなに昔から生きてるの?」


、、、うん。生きてるの。君たちにとって、ジュラ紀くらいの昔から。
[PR]
by bithoney | 2008-11-21 23:48 | 六角亭日乗

ある日。ある人生。お池にて。


わたくし、相変わらず、職場(図書館)では「丁寧が過ぎる人」キャラなんでございます。

どこをどう間違ってしまったのか(仁王立ちで悩む)。


利用者の方に書面へ「2」を書いて欲しかったダケなんです。

ええ、数字の「2」を。


   中島   「はい、ここにアヒルさんみたいな2を書いて下さい。」


もうね。どうしたいいものか。この、利用者(推定年齢20歳のお嬢さん)のキョトン顔を。

言いつくろえば言いつくろうほど、アヒルさんがガーガー。ガーガー。

いっそ、わたくしはアヒルになりたい。
[PR]
by bithoney | 2008-11-21 22:52 | 六角亭日乗

【落語】あの頃の噺 ~市馬・昇太・談春 前座噺の会~


2008年11月04日
本多劇場

オープニング(春風亭昇太)
立川談春 「真田小僧」
柳亭市馬 「手紙無筆」
春風亭昇太 「雑俳」
鼎談(前座時代の写真をつまみに)
春風亭昇太 「狸札」
立川談春 「たらちね」
柳亭市馬 「道具屋」
エンディング(3人で)

今回は告知が上手く流せなかったようなので、再演するそうな。

後で加筆しますが、とりあえずはこれ↓
談春「金脈を掘り当てた気分でしょう。次は花緑と志らくを呼んだりして」
[PR]
by bithoney | 2008-11-06 13:34 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング