。はにかむ



<   2008年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧


【落語】落語版「源氏物語」 立川談春「柏木」


2008年10月30日
博品館劇場

立川談春 「柏木」 「厩火事」

トリでは無く、しょっぱなに柏木をもってきたところからして、談春の心情が伝わってくる。演じ終わった後の苦虫噛み潰したような顔が印象的。

マクラにて、泰葉を六条御息所と例えたところで、なんか、もう気が入らないのが分かると言うか。六条御息所は頭がいい上に世間を知り過ぎた見栄っ張りだから、あーなったワケで。むしろ泰葉は女三宮ではあるまいか? 流されるまま流されて、孕んで産み落としたものが"ガキ"だったか"暴言"だったかの違いではあるまいか?

「小朝は、光源氏。金髪源氏ですよ。金髪源氏。」が今宵の輝ける言葉。

さておき、本編。
出だしはこう。

  夕霧 「おーぅ!柏木ぃ!」
  柏木 「その声は夕霧の兄貴だな」

香を焚き染めたお直衣姿の公達のイメージのまま、これを聞いてしまって腰が砕ける。

つまり、今回の「柏木」は平安時代の話では無く、時代は江戸。
光源氏を盲いた(位は検校)三味線の師匠。夕霧は子息ではなく、弟子。柏木は弟子の中でも一番有望株で、兄弟子の夕霧も一目置いている。と云った設定。
そして、紫の上は光の妾。佐野鎚で全盛を誇った遊女"紫"の芸の煌き(と、紫の容姿を誉めそやす世間の評判)に惚れた光が口説き落として囲った次第。



三宮が、豊澤流の家元の一粒種と言うことは、義太夫の太棹?



お。昼休みが終わった。
後で加筆だの推敲だのします。
[PR]
by bithoney | 2008-10-31 12:26 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

しいたけヨーグルト。




今週のサンデーに安永。

暫く見ないうちに正月仮面さんのアゴが、「アゴ勇」から「ともさかりえ」位に縮んでて驚く。微妙な差なんだがな。
[PR]
by bithoney | 2008-10-30 23:58 | 六角亭日乗

ピンクのバンビと團十郎

b0026188_8205110.jpg


團十郎の血液型がAからOに!

と云う報道に泣き笑いですよ。ともかく復帰は嬉しい。小便もれそうなほど嬉しい。


さておき、拙宅の團十郎。最後の二輪。
入谷の朝顔市が立つごとに、何気なく團十郎鉢を一つ買っていたけれど、ここ二年は團十郎本人の回復の験担ぎに渋い茶の花弁をより丹念に選ぶようになっていた。

今年もよく咲いてくれた。幸先よく咲いてくれた。
フも入らず市川の茶色が映えた。

一昨日を最後に花は全て枯れてしまったけど、種が楽しみで今更栄養剤を与えている。


※※※※※
色といい見事な花だったので、自慢がてらに種を御譲りいたします。
欲しい方は電子メール下さい(鳩は不可。フンするから。)。

って、フミヲちゃんと和尚様となりっぺ53世(趣味は狐狩り)しかちょっかい出してくれないブログで募集かけてどうする。ちなみに、ヘボメガネ殿下はちょっかいと言うよりやんごとないお方のおたわむれテイスト。この隠れモテさんめぃ。
※※※※※
[PR]
by bithoney | 2008-10-30 08:20 | 六角亭日乗

【落語】SWAクリエイティブツアー ブレンドストーリー Part.3


2008年10月28日
明治安田生命ホール

プロローグ
林家彦いち 「掛け声指南」
三遊亭白鳥 「奥山病院奇譚」
春風亭昇太 「空に願いを」
柳家喬太郎 「カラダの幇間」

前回のグダグダ払拭。見事。練られた構成。

しかし、「ごあいさつ(と云う名のビントはずれな見苦しい言い訳)」を昇太に言わせてしまった我々客の罪は残った。

迷走さておき、毎回このクオリティだと嬉しいな。
[PR]
by bithoney | 2008-10-29 08:51 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】バキューン、ふわふわ 笑福亭福笑・瀧川鯉昇 二人会


2008年10月27日
東京芸術劇場 小ホール2

古今亭志ん坊 「不精床」
笑福亭福笑 「代書屋」
瀧川鯉昇 「二番煎じ」 「素人鰻」
笑福亭福笑 「釣道入門」


高座から降りてニョロニョロ、「ごゆっくりとうぞ」とそのままフェードアウト。ニョロニョロ。

「魚影」「ギョエェェ」「魚影」「ギョエェェ」
[PR]
by bithoney | 2008-10-29 08:11 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】第316回 国立名人会


2008年10月26日
国立演芸場

柳家小ぞう 「初天神」
橘家圓太郎 「甲府ぃ」
古今亭志ん橋 「風呂敷」
入船亭扇橋 「へっつい幽霊」
桂文楽 「素人鰻」
柳家小菊
柳家小三治 「小言幸兵衛」

 扇橋:あれ(小三治)も弱々しいようで意外に丈夫
[PR]
by bithoney | 2008-10-29 07:56 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】芸協落語会 1部 小柳枝・夢丸・鯉昇


2008年10月28日
芸協らくごまつり

春風亭昇吉のカミカミ事前注意
瀧川鯉昇 「日和ちがい」
三笑亭夢丸 「権助魚」
春風亭小柳枝 「小言幸兵衛」

俵からそろえた指先をチョコンと出す鯉昇は、オバケのQ太郎。キュート過ぎて、おでこにチューしたい。好き好き、鯉昇。大好き。
踊りの型を見せ付けられたような権助魚。権助にすら隙が無い。すげー。思わず唸る。
声のボリュームの絞り方が素晴らしいです、小柳枝。会話も怒声も同じボリュームなのに、それぞれに、それぞれの語調に聞こえる。すげー、これにも唸る。


芸協らくごまつりを報ずるスポーツ報知の見出しがいい感じ。やっぱ笑点の認知度は高い。
    ↓
 春風亭昇太は嫁探し?…盛況「芸協らくごまつり」
[PR]
by bithoney | 2008-10-28 16:01 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【歌舞伎】平成中村座十月大歌舞伎 仮名手本忠臣蔵 Dプログラム


2008年10月25日
平成中村座(浅草寺)

五段目  山崎街道鉄砲渡しの場・二つ玉の場
六段目  与市兵衛内勘平腹切の場
七段目  祗園一力茶屋の場

勘三郎に判人源六。ちょっとイヤミな配役で面白い。

それにしても、勘太郎はいいなぁ。一つ一つが丁寧で。やらせていただいてます!ってカンジもいい。

今回、AからDと、プログラムを全部見れて良かった。ここまで見せてくれるとは思わなかった。嬉しい誤算。すばらしい。

演目や配役(歌舞伎座サイトからの丸写しです)
[PR]
by bithoney | 2008-10-28 13:08 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【歌舞伎】平成中村座十月大歌舞伎 仮名手本忠臣蔵 Cプログラム


2008年10月25日
平成中村座(浅草寺)

大序 鶴ヶ岡社頭兜改めの場
二段目 桃井館力弥上使の場・松切りの場
三段目 足利館表門進物の場・松の間刃傷の場
八段目 道行旅路の嫁入
九段目 山科閑居の場

七之助の小浪に勘三郎の戸無瀬。対で輝く。むー、思わず唸る。
仁左衛門の大星由良之助の目新しさも良かったけど、やっぱり安心感がある加古川本蔵もいい。

演目や配役(歌舞伎座サイトからの丸写しです)
[PR]
by bithoney | 2008-10-28 13:02 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【Live】サンドウィッチマン単独ライブ2008 ~新宿与太郎行進曲~


2008年10月24日
新宿シアターモリエール

幻のコント、年越し蕎麦は
 富澤「(股間を押さえつつ)おいなりさん?」
で終了。

フルーチェ風呂や吹き替えなどのビデオ上映たっぷりめ。合間に生コント。

吹き替えはこんな調子

不二子 「不~二子ちゃ~ん」
銭 形 「ルパーン!」
不二子 「不~二子ちゃ~ん」
銭 形 「ルパーン!」
不二子 「不~二子ちゃ~ん」
銭 形 「ルパーン!」

なぜ不二子がルパン声。

富澤たけしの「好きだよ」の音源が欲しい。めっちゃ欲しい。はぁはぁ。
[PR]
by bithoney | 2008-10-28 09:29 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング