。はにかむ



<   2007年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧


【落語】みなと毎月落語会 赤坂名人会 柳家小三治独演会

2007年02月27日
赤坂区民センター

柳家三之助 「浮世床」
柳家小三治 「高校時代(仮)」「粗忽の釘」「粗忽長屋」


まず、小三治に出された宿題を片付けるか。

  小三治からの宿題:六本木の由来となった大名の名は?

  答え:上杉、朽木、高木、青木、片桐、一柳

小三治、惜しい。正解は上杉のみ。松平も佐々木もブッ、ブー。


落語に戻る。

上記の「高校時代(仮)」はあくまでも「粗忽の釘」のマクラなんだけど、これは独立させたいほどイカしてた。シビれた。
赤坂の思い出を語りだす小三治。
50年前、高校一年生だった時、赤坂公会堂で芝居をやったそうだ。
なんでも、文化祭のクラスの出し物として八木隆一郎の「湖の娘」を選び(渋いなあ、、、)、演出も担当。

秋田雨雀(国境の夜)の話も出て、落語会と思えない雰囲気。好きだなあ、、、この匂い。
若林映子の話題も出て、特撮ファン・007ファンとしてたまらん夜になりましたよ。(小三治と若林が留年しそうになった話)。
※ほんとに蛇足な話ですが
 わたくし、「国際秘密警察 鍵の鍵」を面白がれても、
 「ホワッツ・アップ・タイガーリリー?」には苦笑いしか浮かばないタチです。

ついでに、「赤坂は何故赤坂なのか」と「六本木は何故六本木」の話もあり。
赤坂あたりは赤い花(紅花?)が見事に咲いていて、江戸城からみるとまるで赤い坂。城の奥女中が口々に「赤い坂ね、赤い坂ね」と言い、赤坂となる。美しい話だなあ。
六本木は冒頭のとおり。諸説あるけれど、頓知が利いてて面白い説。

芝居の話から入ったので、続く「粗忽の釘」も「粗忽長屋」も芝居的。
不思議なもので、こう、思い出してみると、暗い舞台の中歩き回る小三治をスポットライト(スポットライトとはいえ柔らかい光)が追っている情景が浮かぶ。一人芝居のようでもあり、相手の役者がいるようにも思える。

おぶさってくる嫁に「うふふって笑うな」って云う旦那。おかみさんは「うふふ」と笑うのか、と思わせるだけじゃなくて、家の雰囲気が伝わってくる。
やっと引越し先にたどり着きいっきに茶をあおるシーン。そうか、おかみさんの飲み残しも気にせず呑むのか。
親父の代からある飴色の瓢箪。そのフレーズだけで、家の中にあるこまごましたものが見えてくる気がする。

「この人、うまいなあ」と思う落語家さんは沢山沢山います。しあわせになるほど沢山沢山います。ただ、小道具や大道具まで見せてくれる人は少ない。
それを見せてくれる数少ないうちの一人が小三治なのです。
[PR]
by bithoney | 2007-02-28 13:09 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

またお会いしましたね。何年ぶりですかね。お懐かしい。


ささくれ立つような人災に巻き込まれるが、納品された新刊本の山からはみ出す「盲目の理髪師」のカーの名前に微笑みを返す。

新刊でカー?

ああ成る程、生誕百年の記念に新版が出たのか。

ともあれお元気そうで何よりです。
[PR]
by bithoney | 2007-02-27 17:28 | 六角亭日乗

【落語】下北沢演劇祭 別キャラ亭

2007年02月25日
下北沢 劇

えーっとですね。
このブログの観劇記録はいわば「タイムカプセル」なんです。
相棒の茶トラさんと老後に読み返して懐かしさに浸るために書いているので、野暮なほど詳細に記していたり、レポートと言いながらもところどころトラップのようにウソを書いていたりしています。

と、注意書きをしておく親切なわたくし。いや、ほんとすんません。


本題に戻りまして。

「みんな、目をつぶれ。
この中に、"別キャラ亭の申し込みがめんどくせーから行かない"と抜かしていたのに、ちゃっかり行ってるヤツがいる。手を上げろ。」

はい、わたくしです。いや、ほんとすんません。
茶トラさんが手配してくれました。ありがとう。このご恩は帝国ホテルのシャリアピンパイで。


さて、12:00の会の出演者は下記のとおり。ほぼ出演順。すまん、ウロ覚えなんだ。

■怪獣ショー亭おともだち

 他人の空似とは言え、見れば見るほど昇太に似ているおともだち。

■講談亭狂言

 他人の空似とは言え、見れば見るほど山陽に似ている狂言。

■中小亭左遷太

 他人の空似とは言え、見れば見るほど喬太郎に似ている左遷太。

■チベット亭ダライラマ

 他人の空似とは言え、見れば見るほど白鳥に似ているダライラマ。
 (ってすごい字面でございます、「白鳥に似ているダライラマ」て)

■田舎家村長

 他人の空似とは言え、見れば見るほど山陽に似ている村長。

■座り家ニイチャン

 他人の空似とは言え、見れば見るほど彦いちに似ているニイチャン。マジで?。やばくね?

■愚痴亭かっぱ

 他人の空似とは言え、見れば見るほど白鳥に似ているかっぱ。

■病家自閉

 他人の空似とは言え、見れば見るほど昇太に似ている自閉。

■守り亭あに丸

 他人の空似とは言え、見れば見るほど昇太に似ているあに丸。

■持ち上げ亭バーベル

 他人の空似とは言え、見れば見るほど彦いちに似ているバーベル。

■しあわせ亭花太馬

 他人の空似とは言え、見れば見るほど京塚昌子に似ている花太馬。

■フレディ二楽

 他人の空似とは言え、見れば見るほど二楽に似ている二楽。まんまだろ。

■そして、最後は極道落語家5人衆による極道大喜利


すんません。後で加筆します。母ちゃん上野クリニック行ってきたよ。股かい!
[PR]
by bithoney | 2007-02-27 13:40 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

冬はたのしい

b0026188_17311889.jpg
湯島で梅見て
神田で甘酒すする
[PR]
by bithoney | 2007-02-26 17:31 | 六角亭日乗

【落語】第10回 三三時代

2007年02月24日
紀尾井小ホール

柳亭市朗 「道灌」
柳家三三 「提灯屋」
川柳川柳 「ガーコン」
ロケット団
柳家三三 「明烏」

笑顔が明るい市朗。串に切った西瓜のような口の形でニコッと笑う(攻殻機動隊の笑い男マークの口な)。いいなあ。

三三の提灯屋さんはちょっとだけ学を鼻にかけてるいけ好かないヤツに見える。
若い衆にいたずらされて散々な目に合う提灯屋さんだけど、気の毒に思う反面可笑しい。
冒頭、若い衆がチラシを回すシーンで「すっぽんはマルと言って、鶏はカシワと言う」云々サゲへの仕込みが入る。

さあ、みなさんご一緒に。ガーコンガーコンガーコン。
戦争体験者が明るく歌う軍歌。すごい絵なんだけど、楽しそうに歌う。
ところで、こないだアニメ専門チャンネルで「宇宙漂流バイファム」と「獣装機攻ダンクーガ ノヴァ」を続けて見たのですよ。
やっていたのは1983年に製作されたバイファムの40話。敵の有人操縦ロボットにバズーカを放ち爆発炎上させ「やった!やった!」と喜ぶ子供たちの姿。
片や最近製作された「獣装機攻ダンクーガ ノヴァ」では、戦闘機郡に照準を合わし「無人操縦が相手だから容赦しなくていい」と話しながらウキウキとミサイルをぶっ放す主人公たちが居た。
気持ち悪いなあ、、、この「無人、云々」をわざわざ声に出す後者。双方立場も違うワケで一緒くたに論じちゃいかんのだけど、「敵」を殺して「やった!」と喜ぶ子供らの方がまともな脳みそをしている。
さておき、ガーコン。最後に「立ち上がって」ジャズの真似をする川柳。人間って素晴らしい。

笑点メンバー友情出演の明烏。
足で若旦那の腰を締めずに、そっと手を握る品の良い浦里。
しかし、甘納豆の袋にヤケにいっぱい豆が入ってたなあ。かむろの駄賃用だけじゃなくて、浦里自身も好物で多めに用意してるんだろうか。
三三の浦里は、可憐で可愛いなあ。
[PR]
by bithoney | 2007-02-26 09:07 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】SWAリニューアル

2007年02月22日
下北沢 劇

正式(?)名称は「春風亭昇太プロデュース 下北沢演芸祭 SWAリニューアル」
なげえ。

高座に一台、小さいテレビ。
オープニング映像がそれに映し出される。
会場の隅々から「ちっちゃ!」「ちっちゃ!」「ちっちゃ!」と囁きがもれる。
今、客の心がひとつになった。
そんなオープニング。壊れたのか?プロジェクタ。

そして、3日目と4日目のテーマソングは「若者たち」。

 君の行く道ははてしなく遠い。
 だのに。
 なぜ。
 歯を食いしばり、君はするのか、そんな噺を!


で番組でございますが、順番がおぼろげ。若いもんの記憶力が羨ましい。
三遊亭白鳥 「江戸前カーナビ」
神田山陽 「しまふくろうの城」
春風亭昇太 「空に願いを」
柳家喬太郎 「路地裏の伝説」
林家彦いち 「かけ声指南」

 携帯切ったかなー、トイレは済んだかなー。
 休憩は無い、歯を食いしばり
 客(キミ)は聞くのか、そんなにしてまで。

■江戸前カーナビ。白鳥(キミ)はするのか、そんな噺をー。

座布団を引き裂く怪しい悲鳴
誰だ、誰だ、誰だ
白鳥が今夜も騒ぐのか
SWA~、SWA~ ♪
(押し付けがましくテーマソングを考えてみました。)

主役の車(仮にトータス号とする)はスバル360に搭載された「ナイト2000」のような物なのですが、高性能すぎて(それとも、ナイト財団の粋な計らいか)声のイメージは決して野島昭生ではなく古今亭志ん五。そしてシートベルトは帯です。え?帯。
いや、しかし、スバル360は素敵な車ですよ。

■しまふくろうの城。山陽(キミ)はするのか、そんな噺をー。

昔は金が取れたけど、八部谷ー、八部谷ー、小学校。分校ー。

好男子(もとい、講談師だ)の山陽が出てくるのに、この記事のタイトルを【落語】にしてるわたくし。適当ですね。

廃校寸前の分校が舞台。校長兼担任の先生の小芝居が温かい。
主人公の少年の方言が冷めた口調なのが妙にいい味。方言とは関係無いが、どことなく、ケストナーの児童文学の匂いがする噺。そして福田総理は健在です(録音だが)。

男前でメガネに坊主に今様な着物の着こなしの山陽を見て、いいオカズになりそうだなあ、、、とふと思いました。心の飯を丼で5杯はいけますよ、わたくし。がふがふ喰いますよ。フレッツ光。

話に戻って、ラストシーン。シマフクロウが飛び立つシーンがヤケに美しい。劇場内なのに空を見上げたくなった。

■空に願いを。昇太(キミ)はするのか、そんな噺をー。

テンプテーションズの雨に願いを(I Wish It Would Rain)あたりをテーマソングにっつーのはどうだ?悲し過ぎるか?

さて、話。
昇太のおじいちゃんはいいなあ。本人がおじいちゃんっぽいもんなあ。若い頃からおじいちゃんっぽいなんて留置集(笠智衆と何故一発で変換しないのだ)と昇太くらいですよ。そうか?

雨乞いを生業としてきた一族の末裔。長男には代々雨にまつわる名前がつく。
曽祖父は、ふりざえもん。
祖父は、ふりお。あだ名はイグレシアス。 、、(溜め)ナタリー♪
その孫で主人公は、ふりた。あだ名はフリーター。

お父さんの名は雨雨ふれふれで、母さん。母さんて。
父さんなのに母さんて、喬太郎の「柚子」ですか。どういう突っ込みですか。

■路地裏の伝説。喬太郎(キミ)はするのか、そんな噺をー。

あ、怪奇大作戦の曲は白鳥よりこっちが合ってたな。
S(さくら水産)RI~、S(さくら水産)RI~、魚肉ソーセージは50円。
S(さくら水産)RI~、S(さくら水産)RI~、昇太(スポンサー)が居ない時の飲み会はさくら水産~♪
レッツゴー

ハトサブレを首から食べるとハトになる。
崎陽軒のシュウマイを裏から食べるとグリンピースになって捕鯨を反対する。
主人公たちの噂話を総合すると、彼らの出身地は神奈川と推測。おそらく横浜あたり。上大岡寄り。

さきいかやチーズ鱈の袋をあける仕種が好き。

しかし、、七回忌が済むほど年月が経ったと云うのに、未だに「風邪ひくなおじさん」となって路地裏を彷徨っているお父さんに涙。何に縛られているんだろう。
まあ、二代目、三代目が居るのかもしれないが。箪笥を漁っても衣装(ランドセルなど)よりも小さい日記帳しか出てこないところ見ると、次の「風邪ひくなおじさん」に一式を継がせるかもなあ。

ちなみに、コーラを口移しで飲ませるのって、辛いぞ。飲ませる側が。

■かけ声指南。彦いち(キミ)はするのか、そんな噺をー。

職務質問をする警官が出てくるかと思ったが、出てこず。堀田巡査(27歳)の出番は無いのだろうか。
大事な一戦なのに、口下手(と云うか日本語がままならないだけかな?)な主人公にセコンドを許す選手の優しさに涙。「お前の声が好きなんだよ」ってセリフが利いてるなあ。
[PR]
by bithoney | 2007-02-23 12:36 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】志の輔らくご 21世紀は21日

2007年02月21日
新宿明治安田生命ホール

立川志の八 「狸の賽」
立川志の輔 「隣の喧嘩」
松元ヒロ 「7時のニュース」
立川志の輔 「百年目」

小堺さん
あるあるガッテン
テレビ東京の山田花子の血液
どっちにも敵を作らない
サバカツオ
赤や青の小麦粉
トリフィド
3匹の子豚は懲役15年
もう土手へなんか行かない

↑備忘録のこれを元にレポートを書くって、あーた。
時間が経ってみると、自分で自分が何言ってるのかわからない。

なんだよ、その「トリフィド」て。(SFファンなら分かる)
そんな事言ってないでしょう。適当なんだから。

でも、柳沢元大臣(え?元って。気が早いよ。)の奥さんが「うちの主人は学校の勉強は出来るんですが、バカなんです」って云ったのは本当の話。

キクゾウ親子の波乱万丈出演。キクゾーが波乱万丈なのはわかるけど、キクオは波乱万丈じゃない。のツッコミも面白かったな。確かに。


しかし、まさかNatureに「ARUARU」なんて文字が印刷される日が来るとはなあ。

■Japanese TV show admits faking science
http://www.nature.com/nature/journal/v445/n7130/full/445804a.html

■日本のテレビ番組が科学のでっち上げを認める
https://www.natureasiapacific.com/japan/subscribe/subs.php?id=942&cd=BK07E02
[PR]
by bithoney | 2007-02-22 09:02 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】第20回 読売GINZA落語会

2007年02月20日
ルテアトル銀座

三遊亭遊雀 「強情灸」
立川志らく 「火焔太鼓」
瀧川鯉昇 「蒟蒻問答」
林家正蔵 「双蝶々 定吉殺し」
桂歌丸 「双蝶々 雪の子別れ」

強情灸
東京国際マラソンは市中引き回し、再び。
後、京橋駅か銀座駅で千円拾った話。
千円札を拾ってネコババしようとしたら、紙幣に妙な記号が書かれていた。験の悪さに、駅の券売機で160円の切符買ってお釣りを頂戴しようする。さらに切符を払い戻せばまんまと千円分せしめる事ができるとひらめき実行するが、小銭ばかりではどうも具合が悪い。ついでだからと駅員さんに小銭を千円札に換えてくれと頼むと、出されたのがさっきの現の悪い千円札。
なんだろう、遊雀のこの「冴え」は。
困ったなあ、好きだなあ遊雀。遊雀なら風呂の残り湯だって飲めるよ。それはどうかと思うよ。

火焔太鼓
腕のいい接骨院のそばの道具屋が火焔太鼓を仕入れて売る話(親切な一行説明<腕のいい接骨院は説明からどうしてもはずせないですね)
もう、この方が火焔太鼓をやると聞いたら、「日本アカデミー賞の宝田明」の出番が待ち遠しいですよっっ(興奮気味に)。野口英世は違和感があるが、妙に江戸にシックリくる宝田明。そうか?
サゲは「買えん太鼓」ではなく、「半鐘はダメだ、おジャンになる」、、、、、でもなく(!)
「半鐘はダメだ、おじゃんになる」「わかり辛いね。笛でも買いな」「笛はダメだ、ピーピーになる」
ちなみに。談志はマレーシアにて、会の前夜にご機嫌損ねて「俺は落語やらねえぞ」と脅してみたものの、関係者から「いいですよ」と切り返されるととグウの音も出ず、翌日高座に上がったそうだ。ロイター発共同(ウソ。志らく情報だ。)
おかみさんの妄想の中で、松の木に縛られ拷問を受ける道具屋主人。なんかね、マラソンマンで歯をゴリゴリされるシーンを思い出す。そんなワケで、志らくの火焔太鼓の道具屋主人はダスティン・ホフマンの姿を想像しながら見ちゃうんだよなあ。

あ、書ききれない。あとで加筆します。股かい!?(パンツ破けちゃったよ)

はい、パンツ繕って続きを書きます。

蒟蒻問答
蒟蒻屋が前掛け付けたまま袈裟を着てしまうのが効いてる。

ああ、時間がない。後で再び加筆します。股かい?!(処女膜破れちゃったよ)

はい、夜なべ仕事で処女膜を繕ったので再開します。

で、蒟蒻問答。
マクラの「私どもは、別にここ(高座)で研究成果を発表しにきているわけではございません」が妙に面白い。いや、別に「食べられる皇居の草花」を発表して下さっても歓迎いたしますよ。
好きだなあ。鯉昇が入った風呂の残り湯が飲めるくらい好きだなあ。だから、その例えはどうかと思うよ。そうかなあ。そうだよ。

リレー落語の双蝶々。
えーっと、なんだか、正蔵の定吉殺しは「角兵衛獅子の歌」が聞こえてくるもの悲しさ。
角兵衛獅子と云うか、、、首に縄を括られた正蔵の後ろでテンツクと太鼓を叩いている人物の顔が見え隠れするような、、、むにゃむにゃ。うーん。考え過ぎですかのう。
一方、歌丸の雪の子別れ。歌舞伎の舞台が見える。テンテンと静かに打たれる太鼓の音が聞こえてくるような雪の景色。長吉は白塗りのいい男。決して若い役者じゃない。貫禄のある、役者。そうだなあ、、、ここは久しぶりの團十郎で見てみたい姿だなあ。
[PR]
by bithoney | 2007-02-21 09:02 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】悠々ゆうじゃく 其の一

2007年02月19日
千代田区立内幸町ホール

桂夏丸 「課長の犬」
三遊亭遊雀 「七段目」
三遊亭小遊三 「持参金」
三遊亭遊雀 「紺屋高尾」

楽しかった。とにかく楽しい会だった。

配られたリーフレットに歌舞伎や文楽の話題もあって、やけに嬉しい。うん、城明け渡しは胸にしんしんと積もります。初めてご覧になった「妹背山」の感想を、興奮さめやらぬといった風情で「凄まじかった!良かった!観劇いたしました。」とストレートに書かれていたのが印象的。

課長の犬
「小さん」夏丸。つくづく、おいしいネタだなあ。使い倒せ、使い倒せ。

七段目
熱演。これは何度でも見たい。若旦那や小僧や車引き、この芝居好きたちがたまらなく楽しそうでいい。
東京国際マラソンのルートを古地図に照らし合わせると「市中引き回し」と同じ、、、に一本取られた。いや、しかし、確かにあのマラソンはちと気の毒だったなあ。お天気だったら、楽しいルーツだろうにねえ。

持参金
いや、持参金よりも長い「都留高校での賭博の思い出」の話。(妙な検索にひっかかると困るので、マイルドな書き方をしてみました)
これがまさか、小遊三が聖火ランナーに選ばれた件につながっているとは。

紺屋高尾
高尾と向き合うときは(ひたむきではあるが)常識人な久蔵。
一方、紺屋の親方に対しては少々壊れている様子。
これは、高尾に対する純愛話ではなくて、父親を早くに亡くした久蔵さんが父性を求めてもがいている話ではないのか、、と。甘え方が下手な久蔵が、一生懸命(病的に)わがままを言う。それに応える親方。
父性がテーマの紺屋高尾。こんな紺屋高尾もあったのか!目からウロコ。
(いや、わたくしの勝手な解釈なのですが)
[PR]
by bithoney | 2007-02-20 09:23 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

俺の川柳


ふと目にした「サラリーマン川柳」って文字を、

「サラリーマン かわやなぎ」と読んでしまう。


いや、実際、多かろ?そんな人。よくあるネタでございます。

で、「サラリーマン川柳」を漫画化するにあたっては、本宮ひろしではなく、田中圭一にお願いしたいのでございます。
[PR]
by bithoney | 2007-02-19 02:14 | 六角亭日乗

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング