。はにかむ



<   2006年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧


こひのチウチウトレイン。


今朝、乗換駅ホームのアナウンス。

「ドアが閉まりまあす」

「今度は閉めまあす」

「本当に閉めまあす」


、、、駆け引き?

これは恋の駆け引きなの?

恋のからくり夢芝居なの?

台詞一つ忘れはしないのなの?



  『 駆け引きしたっていいぢゃなひか

         だって男と女だもの

                     とみを (梅沢) 』
[PR]
by bithoney | 2006-10-31 08:03 | 六角亭日乗

待て!それは誤解だ


「水島ステファニー」と「変態村」と云う検索語でここにたどり着いた貴方。

落ち着け。話せば分かる。まず、聞け。
それはあくまでもトラックバックを付けた方の記事に書かれていた語句で、このブログとは関係ないんだ。本当なんだ。

うちは水島ステファニーよりも瀧川クリステル寄りだと常々云っておるだろうに。いつ?いつ言った?

こないだなんか、録画した瀧川クリステルを超スロー再生して、口半開きで目を閉じたベストショットを探し出し、2時間停止させて眺めていた位、当ブログは瀧川クリステル寄りだ。

式で表すとこんな感じ▼

水島ステファニー < 幸田シャーミン < 瀧川クリステル
[PR]
by bithoney | 2006-10-31 00:17 | 六角亭日乗

ニキニキニキニキ、二木の菓子。

見たいから備忘。
いや、タイトルは関係無いんだ二木ゴルフ。


ニキフォル
公式HP⇒http://www.nikifor-movie.com/
[PR]
by bithoney | 2006-10-26 21:50 | 六角亭日乗

【落語】春風亭昇太独演会 『昇太ムードデラックス』

2006年10月23日
本多劇場

神田山陽 「宮本武蔵 箱根山中狼退治」
春風亭昇太 「悋気の独楽」「宴会の花道」「不動坊」

一言で表すとすれば『サクラヤ怒りの鉄拳』
このテンションが最後まで。オールナイトニッポンまで。そこかしこで。

「下北沢に新しくマンションを借りたので浄水器を付けたのだが、不良品だった。そこで購入先のサクラヤに電話して説明をし訪ねる時間まで伝えた上で出向いたのだが、担当した社員が不在で引継ぎもしていない。別の社員に説明をしたのだが、これがとてつもなくトンチンカンな対応をする」と云う、要は「サクラヤの社員教育はどうなっているんだ」っつー話と怒り。
こんなしょうもない話をおもしろく聞かせてしまうんだから、すごいなあ。

山陽は天野屋利兵衛を語ろうとしたがご機嫌ななめのオッサン昇太に阻まれたらしい。神田山陽は男でござる。

ちなみに、24日は三遊亭遊雀が出たそうで。目頭が熱くなる。嬉しい。
[PR]
by bithoney | 2006-10-24 11:17 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【歌舞伎】芸術祭十月大歌舞伎 夜の部

2006年10月22日
歌舞伎座

「仮名手本忠臣蔵」
五段目 山崎街道鉄砲渡しの場・二つ玉の場
六段目 与市兵衛内勘平腹切の場

「梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)」  髪結新三
序幕 白子屋見世先の場・永代橋川端の場
二幕目 富吉町新三内の場・家主長兵衛内の場・元の新三内の場
大詰 深川閻魔堂橋の場

とにかく歌舞伎に出てくるイノシシが好きなのでございますよ、わたくし!
いのしし!いのしし!いのしし!

花道の真横の席でイノシシ待ちですよ!いのしし!

とにかくいのしし!

いのしし!
[PR]
by bithoney | 2006-10-23 12:48 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】志の輔らくご21世紀は21日

2006年10月21日
明治安田生命ホール・新宿

立川志の春 「千早振る」
立川志の輔 「お血脈」
松元ヒロの本日のニュース
立川志の輔 「新版 宗珉の滝」

妙にハイテンションな志の輔。
「宗珉の滝」のマクラで好楽ちゃんまつりの話をはじめる。どうも脈絡が無いように思えるんだけど、、、。うーん、、、もんのすんごく下世話な事を抜かすと、こないだ(前月の志の輔らくご)志の輔がとてつもなく不機嫌だった日が丁度この「好楽ちゃんまつり」だったのが暗示的と言うか、、、ニンともカンとも。

客がドっと湧くと何故かたじろぐ志の春の様子が好きです。

でも、一番おもしろかったのは松元ヒロが使った「リスナーからの季節の便り」
カマキリが鎌を振り上げ助太刀しようか、、、ってゲラゲラゲラ。
わたくし、ああゆー、素人が「上手いこと言っちゃいました」ってしたり顔している風な文章が大好きなんですよ。(人の悪い)
[PR]
by bithoney | 2006-10-23 12:42 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【芝居】ペテン師と詐欺師

2006年10月19日
天王洲 銀河劇場

鹿賀に市村。愉快。
鶴見もいい。この人が歳をとって、もっと深い役につくのが楽しみ。
いやしかし、メグタンはかわいいなあ。騙されてもいい。こんな可愛いこに手玉に取られたい。大手アイチー会社の社長になって、結婚詐欺にでもあってみたい。

ところで、音響の兄さん二人が上演中にフリスクらしきものをシャカシャカザラザラ振り音を立てていたのには参ったなあ。音のプロでしょうに無神経だなあ。
[PR]
by bithoney | 2006-10-21 07:46 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】志らくのピン シネマ落語編

2006年10月12日
新文芸座

立川こらく 「長短」
立川志らく 「味噌蔵」
立川志らく 「薮入り」
立川志らく 「シネマ落語 人情元犬(ビッグより)」

志らくに漂う憐れさが見ていて辛く、独演会は避けてきたのですが、ビッグは好きな映画のひとつなので。
80年代後半。トム・ハンクスが妙に光って見えたので、「なんかいい映画は無いか」と尋ねた父にビッグのビデオを見せたら「ああ、この役者はいいな。」と分かって貰えて嬉しかったのを思い出す(しんみり)。

長短に凍る会場。なぜ、長短なんだ、、、とモヤモヤしていたら味噌蔵のマクラで説明する志らく。そういうベタついたところ(ウエットよりも、粘性が高い感じ)が面白いな志らく。

で、味噌蔵と薮入りと人情元犬は、ほぼ同じ町内の話という設定。

やっぱり憐れなのは、「犬の忠誠心を可愛いと思い元犬のシロを可愛がるケチベエさん」の図を描く志らく。そうか、そういうことか。でも、忠誠心だけで可愛がってもらえる世界じゃないだろうになあ。


あとで加筆しますわ。
子別れの八百屋と薮入りや人情元犬に出てきた納豆屋は兄弟か親子だと思う。
[PR]
by bithoney | 2006-10-14 17:46 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】立川談志 家元の独壇場特別編『一期一会』

2006年10月11日
東京国際フォーラム

「やかん」
「居残り佐平次」

北朝鮮は居残りが操作している、って話しが妙に良かった。いよっ。

しかし、国際フォーラムは音が悪いのなんの。パバロッティの引退コンサートでも酷い目にあったのを思い出して悲しくなるなあ。

最後に一門集合で談志の古希を寿ぐ。
生談修が拝めて嬉しい。この子、わたしの好みなのよっ(ピーコテンションで)。
談慶のいっぱいいっぱいっぷりに涙が滲んでしまう。

ありがたい即身仏を拝めたって意味でよい会でした。
[PR]
by bithoney | 2006-10-12 14:59 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

言いたい事も言えないこんな世の中に乳首。


とうとう退職することになりました。
半年の約束がずるずると1年間。
短いっちゃ短いが、なかなか濃い1年でした。

専門図書館狙いで就職活動中でーす。
しばらく無職でーす。大丈夫か、わたくし。

さておき、名残惜しい気持ちもタラタラとあり。
就業後、リーダーとだらだらお喋りしています。

 「リーダー」

 『なあに? なかちゃん。』

 「シャラポアが奈美悦子じゃなくて良かったですね。」

 『そうねえ。そう思うわ。』


東京物語の風情もあり。
[PR]
by bithoney | 2006-10-11 12:57 | 六角亭日乗

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング