。はにかむ



<   2006年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧


【文楽】154回 文楽公演 平成18年2月 第3部

2006年02月26日
国立劇場小ホール

天網島時雨火(火に巨)燵

贅沢にも続けての文楽観劇。ああ幸せ。
しかし、よく出来た話だなあ。退屈の付け入る隙がない。
馬鹿馬鹿しい口三味線のシーンからしてたまらんですよ。胴は棕櫚、棹は竹。横で消え入りそうな小春や、客商売の憂いがにじむ花車の様子。
いや、もう、語りつくせない。

トリノのフィギュアスケートで金メダルを取った荒川選手が、後ろに大きく背を反る「イナバウァー」なる芸を披露していたけれど、あれはすばらしく美しいですなあ。あの「うしろぶり」は日本人感覚を持った人びとならため息出ちゃうよな。


ところで、楽屋から飛び出してきた門之助と軽くぶつかりました。あんな色男に触ったなんて、おばちゃん寿命が延びちゃったよ。あがった月のものも戻ってくるよ。ああ洋装も素敵すぎる。
[PR]
by bithoney | 2006-02-27 20:21 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【文楽】154回 文楽公演 平成18年2月 第2部

2006年02月26日
国立劇場小ホール

小鍛冶
曽根崎心中

開演前にイヤホンガイド解説者による講義付き。小鍛冶の狐足や三味線による相槌、曽根崎の女人形のお初に付いた足、などの見所を解説。
質疑応答が、なんと云うか、、、野暮と云うか、、いやいやこんな事抜かす方が野暮だな、うん。

小鍛冶
狐はお使いでは無く自体が稲荷明神、と云う設定で面白い。
稲荷明神の左手遣いが転び、ヒヤリとする。天下取る。天下取る。の鎚の音、楽しい。

曽根崎
吉田玉男の徳兵衛がお預けで残念。だけれど勘十郎の徳兵衛もいい。
女の爪先や尻の冷たさは格別のエロですね。梶井基次郎の愛撫なんか思い出す。子猫の前足を瞼に乗せるアレだの、ミユル(?)の足でこしらえたパフを(冷たかろうその)指で摘むソレだの。
わたくしが徳兵衛なら、そんな状況でも勃起していますね、あの場面。足遣いだったら、迷わず拳を股間から突き出しますね。まあお下劣。
[PR]
by bithoney | 2006-02-27 13:44 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【落語】柳家喬太郎 三遊亭白鳥 二人会

2006年02月23日
ヤマハホール 銀座

三遊亭白鳥 青春残酷物語
晴乃ピーチクの似顔絵漫談
柳家喬太郎 すみれ荘201号室


副題は「ミステリアス&デンジャラス」、、、理解しがたいなあ
ノッチでぇす(と、発作のように。デンジャラスと言えば、ねぇ。)

で、始まる前にF家書店参りなんぞしてみた。喬太郎観光スポットの一つですね。そうか?

池袋キンカ堂前23:00発新潟行きに乗るため、白鳥先発。ねこそぎ持って帰った差し入れのシュークリームは、やはりウエストのだろうか。

ピーチク画伯に大好きなマリリン・モンローの似顔絵を描いていただきたいんだが、、どーしたらよかろ。畳一畳の和紙に描いて貰って屏風にしたら素敵だろうなあ。
[PR]
by bithoney | 2006-02-25 23:56 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

【文楽】第154回 文楽公演 平成18年2月

2006年02月23日
国立劇場小ホール

御所桜堀川夜討
関取千両幟


今、一番面白い芸能は文楽じゃないかしらん?

御所桜
幕があがり、侍従太郎が登場するまでの間は舞台は女ばかりでかしましいやら華やかやら。わさわさ喋るおわさの語りに、卿の君どころかこちらまで浮き浮き晴れる。
とここまで書いてふと我に返る。女の人形の遣いも、女の台詞や状況を語る義大夫も、雰囲気固める三味線も、すべて男性なのよね。すっかり女の園に紛れていた気分だったけれど。

関取
パンフレットを見れば、この芝居には人形が土俵で相撲を取る演出もあるらしい。残念ながら今回は省かれたけれど、このような派手な工夫が多い話。燕二郎の曲弾きは面白かったなあ。楽しませると言うか、あやされているような感覚。楽しいときはキャッキャと笑い退屈になったらぐずる赤ちゃんみたいな、まっさらな気持ち。
しかし、工夫は大事だな、、うん。と、つい自分の仕事を考えてしまう。いかん。
[PR]
by bithoney | 2006-02-25 07:56 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

ひつこくひつこくこのネタ一筋


「テルミン・マトリョミン!」

あああ、アバン先生が禁断のテルミン・マトリョミンを唱えてしまったー。



どう?どう?これ。泣けない?泣けるよね。勢いで。
[PR]
by bithoney | 2006-02-22 20:50 | 六角亭日乗

どさくさに紛れて平田昭彦や伊福部昭の話をしようとして失敗

テルミン・マトリョミン

聞けば聞く程に魅惑のお言葉。
何か秘めていそうでございます。どえらいエネルギーを抱え込んでいそうな気配すらいたします。て
これが何かを知らないで聞いたら、とてつもない誤解をいたしかねない。


「ゴジラを倒すには一つだけ方法があります。
・・・・・・・
テルミン・マトリョミンです。」

そんなイメージがわいても無理が無いではありませぬか。


※テルミン・マトリョミンはあくまでも楽器です。マトリョーシカ型したテルミンです。
、、、いやだからテルミンでマトリョーシカってとこからして怪しいのですよ。

あああああ欲しい。
[PR]
by bithoney | 2006-02-22 10:42 | 六角亭日乗

ほらほらポッキン、マトリョーシカ


http://bithoney.exblog.jp/4148048

↑でネタにした、例の「テルミン・マトリョミン」
そう、マトリョーシカ人形の形をした愉快なテルミンのことだ。
これの価格が分かりましたぞ。

44,016円なり

44,016円
44,016円
44,016円です。どうです、奥さんこの音色、決して高い買い物じゃあ無い。

(マーフィー岡田口調になりますね、どうも)

マンダリン・エレクトロンさんの下記ページをご参照ください。
http://www.mandarinelectron.com/matryomin/me03.html




くあああああああ、すげえ、欲しい!
欲しいよう、欲しいよう。

大の字でバタバタ。
[PR]
by bithoney | 2006-02-21 20:43 | 六角亭日乗

咲いているって何

他に、喰い物メモ専用の意地汚いブログを運用している。

子規じゃあんめえし、仰臥漫録よろしく憑かれたように都度の飯は記録していない。
憑かれてたまるか、てけれっつのぱー
かと言って、何も御馳走だけ書き出そうと言う狭い了見も無い。


そこまで意識しておきながら、その意味が分からない。なぜ記録するのか。記録に選んだ理由は。
不思議だな。
記録した飯を、何処で何時ひりだしたのかはお構いなしなのに。何の実になるのかも。


と、言う事を、枯れた桜の木のガサガサした姿を昨夜見て思った。
咲くまでは見向きもしないけれどもな。
[PR]
by bithoney | 2006-02-21 11:02 | 六角亭日乗

【落語】第57回 朝日名人会

2006年02月18日
有楽町朝日ホール

古今亭章五 道灌
柳家三之助 長屋の花見
柳家権太楼 幾代餅
三遊亭円窓 写経猿
柳亭市馬 味噌蔵
桂歌丸 厩火事


幾代餅
パンフレットに書かれた「根多帳」「噺がつく」の説明から、1年前にさん喬がやったばかりの幾代餅をやる言い訳。
「人情噺がの幾代餅が聞きたかったらさん喬さん聞けばいいんです。爆笑落語の幾代餅はあたし。怪談噺の幾代餅は雲助さん。何の噺なんだかわかんない幾代餅なら円菊さん。」
と、爆笑落語に徹する。
爆笑だけれど幾代大夫が登場するあたりから涙が滲んでくる。

写経猿
今昔物語の一遍を円窓が創作。
読み手を話の中に置き去りにして迷子にさせてしまうところのある今昔物語と、しんしんと降り積もる雪のような話し方の円窓。おそろしくあっている。
猿の仕草が愛らしくて、これもいい。
狐忠信の狐言葉のような猿の台詞がまたいいんだ。

厩火事
歌丸らしい歌舞伎のくすぐりが嬉しい。
鼻でフーンと相槌を打つ「鼻でフン忠臣蔵」
だの
瀬戸物掴んで仁王立ちのおかみさんに向かって「伽羅先代萩の八汐みたいな型で何してる」
だの。
朝日ホールが歌舞伎座に近いこともあってか、お好きな方が多いらしく大ウケ。


しかし、次の年間通し券の抽選からもれてしまってがっかり。人気の落語会だけに、チケット争奪戦に気が重いなあ。
[PR]
by bithoney | 2006-02-19 12:39 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

女独り、金曜の夜の楽しみはタモリ倶楽部

わたくしも、「タモリ電車クラブ」に入部したい。

なんなら実家に置いて来た京葉線開通記念のマリンちゃん(※)ポスターと引き換えにしてもいい。お母様、捨ててないわよね。ね。
※高橋留美子の15分仕事


こんなわたくしでございますが、欲しいのはNゲージでもHOゲージでもなく、プラレール。ああ、家を埋め尽くしたい。海老、卵にご執心。山コントの店。
[PR]
by bithoney | 2006-02-18 00:42 | 六角亭日乗

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング