。はにかむ



<   2005年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧


備忘:観劇記録(落語)

こないだの文楽もレポート書いてないのに、今日もまた落語会をハシゴ。

日ペンを1ヶ月サボってしまったようにツケがたまりつつある、今日のこの頃。

バインダー式で簡単よ。


■三遊亭歌之介 独演会 笑うたらいかんぜよ!「爆笑龍馬伝」
場所: よみうりホール・有楽町
日時: 5月28日 13:00開演

教習所に通っている話や、喰いもんは大切って話し。
「お父さんのハンデ」
「爆笑龍馬伝」
「子はかすがい」

お客さんがあったかい。
歌之介のノリもいい。
最近みた独演会でダントツの雰囲気の良さ。
しかし。これだけの話を中入り無しでぶっとーしとは、、、歌之介の集中力ってすさまじい。
それを最後までリラックスして大いに笑っているお客さんも素晴らしい。


■志の輔らくご in 下北沢 Vol.12 文楽篇
場所: 本多劇場・下北沢
日時: 5月28日 19:00開演

開演し、普段着で登場の志の輔。
「日本中のレッサーパンダが立ちまくっているお忙しい中ようこそ」
と、ワイドショーネタから入り、情報の多さに疑問を投げかける。
便利な世の中になったのに何故か時間と情報に追われている現代人を浮き上がらせ、
昔の人は大変で時間はかかっていたけれど、「ひとつのコトに集中し、結果達成感を得ていた」と説く。
(まあ、極端な話だけど、話の流れがうまかったです)

次にロシア人留学生イワンに扮装した志の輔(とは云ってもヅラかぶって、ツケ鼻しただけ)が日本の感想を述べる。
ツケ鼻が汗で落ちる。
汗が乾いて、また付ける。
そして、文楽が始まる。「伊達娘恋緋鹿子」。
初めて文楽を見るお客さんが多いらしく、火の見櫓に登るお七に異様などよめき。
あの場面は泣ける。迫力で泣かされてしまう。悲しいだけじゃなくて怖い。

そして、世界初のネコ文楽。
必見。ネコの高笑い。と、申しますか志の輔の義太夫。
歌舞伎と文楽の結びつきよりも、この落語と文楽の組み合わせの方が(脳みそに)しっくりくる。

ああ、幸せな一日。
[PR]
by bithoney | 2005-05-29 01:00 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

春一番顔で電子レンジの前で仁王立ちの中年女の図、、痛いな。


わたくし、こう見えて(全身ユニクロ)結構拘り派なんでございますよ。

例えばアイスはアイスクリームじゃなきゃイヤンイヤンなのでございますよ。


アイスミルク、否。乳固形分10%程度で何言うか。

Bカップの小池栄子に何の価値がある。


ラクトアイス、否。断じて否。乳固形分3%程度で何抜かす。

Aカップの根本はるみに何の価値があろうか。いや、無い(反語)。


なワケでございます。

つまりは、

全裸に黒帯1つ締めたヤワラちゃんが満面の(恍惚の)笑みで、

谷選手に夜の四方固めを決めながら答えた

「最高でもアイスクリーム。最低でもアイスクリーム。」

なワケですよ。

谷選手ぐったり。谷選手しっかり。


こんなわたくしですから、

そのアイスクリームの状態にも煩く、「カチカチじゃいやーん」派なのでございます。

「かちかちじゃイヤーン、心持ちトローリしていて欲しい」のでございます。


そこで活躍するのが電子レンジ。

そしてポイントは「3秒加熱」。

いいですか、3秒ですよ。3秒。


ホントは2秒がベストなのでございます。

ですが、3秒でないといけない。ここは断じて3秒。

なぜならば、秒数を数えるリズムが2秒では、拍子が悪いのでございます。

拘り派ですからね、わたくし。ここはやはり3秒で。


「いくぞー(と云いながら徐に加熱ボタンを押す)

いーち、にー、さーん、ダーーー!(ダーと共にチーンが鳴り響く)」


このタイミングですよ。

一足が道となり、その一足が道となる。

行けば分かるさ。ありがとー。


こんなに拘り派なわたくしですから、

週刊マガジンも久米田康治先生の「さよなら絶望先生」しか読んでません。


、、、それはいかがなものか。
[PR]
by bithoney | 2005-05-27 19:55 | 六角亭日乗

マガジンはコレしか読んでません。


神聖喜劇の映画化ってどうなってるンすかねえ。

ミツバチちゃんでございます。

あ・え・い・う・え・お・あ・お。

君の飲むお茶、君の園。僕の飲むお茶、僕の園、おっと違った。き・み・の・え・ん。


さてはて。明け方見た夢。こんな、夢。

「今日はよろしくお願いしまあす。

今日はぁ、朝まで原稿描いててぇ。

コンビニでコピーしながら製本して、直行で来たんですよぉ。」

と、隣のブースの人に話しながら、わたくしったらコピー本を並べていた。

そんな夢。

って。

コミケか。それはコミケか。コミケなのか。

しかも晴海のガメラ館だった。ああ、遠い記憶。ゆらく逃げ水。焼ける青草。

並べている本は、久米田康治の「さよなら絶望先生」の糸色望オンリー本。

なぜだ。

いや、メガネの書生さんに弱い、わたくしらしいと言えばわたくしらしい夢ですが。


久米田康治と、言えば。

「勝手に改蔵」に出てくる女の子が、

もろ、ケラだのジッパーだののグラビアの洋服着てたりして可愛かったね。

ポーズまでパクってて。パクってるって言うな。

撫松庵(着物のメーカーさん)の着物姿の羽美ちゃん可愛かったなあ。


でも、南国アイスホッケー部の新作が読みたい。はーん。

未だに悲しいことがあると

「はーん」

と泣き真似しちゃふよ、わたくしったら。
[PR]
by bithoney | 2005-05-26 23:05 | 六角亭日乗

舌の根も乾かぬうちの舌鼓。


インリン!

インリン!

インリン!

「はあい、あわてない。あわてない。M字開脚。M字開脚。」


ミツバチオブジョイ油よごれに~、でございます。

さて、結局、胃酸過多できゅるきゅる痛くなるほど腹が減ったので、

手早く出来るゲロ丼にしました。カツサンドは?


■□■ ゲロ丼レシピ ■□■

「簡単でうまいぞ!」
↑アゴが出ている四角い顔の男(男と書いてパパと読め)のイラストが喋っているのをご想像下さい。

納豆、めかぶ、豆腐に醤油を垂らし、ぐちゃぐちゃ混ぜて飯にのせる。

「間違っても酢なんか垂らすなよ。こみあげてくるぞ。」
↑アゴが出ている四角い顔の男(男と書いてパパと読め)のイラストが喋っているのをご想像下さい。

※暴力シーンやグロテスクな表現が含まれているため、画像はアップいたしません。

■□■□■□■□■□■□■


この橋渡るべからず。

「ああ、インリン殿。どうするでござる?」

「シンエモンさん、インリンにまかせるね。」

(M字開脚で)ぽくぽくぽくポクポクポク、(やっぱりM字開脚で)チーン。

「シンエモンさん、仰向けで寝るといい」

「こうでござるか?インリン殿」

シンエモンさんに跨る(M字開脚で)インリン。

「・・・・・・」

「・・・・・・」

「なんだか、むらむらしてきたでござるよ。さすがはインリン殿のM字頓知。」


文部省推薦アニメ「インリンさん」来週もおたのしみに。

あー、食後の熱いほうじ茶は何とも言えないね。
[PR]
by bithoney | 2005-05-25 21:24 | 六角亭日乗

塩豚でトンカツ。

旨そうだな。

塩っけがあるから、そいつをカツサンドにしてもいいな。

キャベツたっぷり挟んで。

あー旨そう。

作るのはわたくしだけど。ち。舌打ち。

嫁募集中。
[PR]
by bithoney | 2005-05-25 20:21

備忘:観劇記録(文楽)

5月22日 国立劇場小劇場
人形浄瑠璃 5月文楽公演 第一部と第二部を続けて

  演目は、
  一部
  「近江源氏先陣館」
     和田兵衛上使の段
     盛綱陣屋の段
  「冥途の飛脚」
     淡路町の段
     封印切の段
     道行相合かご
  二部
  「伽羅先代萩」
     竹の間の段
     御殿の段
     政岡忠義の段
     床下の段
  「桂川連理柵」
     六角堂の段
     帯屋の段
     道行朧の桂川

何かと共通点もあるので「歌舞伎好きならハマる」と言われる文楽ですが、
「読書好きこそがハマる」世界だと思う。
目で読む世界です。
[PR]
by bithoney | 2005-05-23 23:29 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

僕、クルツ。短い尻尾。

b0026188_1624028.jpgb0026188_1624041.jpg

九段下の法務局傍が縄張り。
よく出会う。
愛想がいいがカメラを構えると尻の穴を押し付けてくる。
今日は寝ぼけついた隙をついた。

ん。まあ、盗撮だな。
[PR]
by bithoney | 2005-05-23 16:24

中島沙帆子の「電脳やおい少女」が毎月楽しみ。


半身浴で読書を楽しんでます。

って方は多かろうと思います。

そして、とても優雅でございますね。お風呂で読書。


わたくしも長っ風呂のタチで、風呂場に防水CDプレイヤだの水(これにシークワアサーの果汁を絞りこむのがお気に入り)を持ち込んでおりまして。

ええ、もちろん読書も欠かせません。

まんがライフ。まんがライフオリジナル。まんがタイム。まんがタイムファミリー。

ラブリーにジャンボに本当にあった愉快な話に岩谷テンホーのみこすり半劇場。

はい、わたくし、4コママンガ狂なのでございます。

さてと、今日は、「読者投稿爆笑4コマ魂本当に笑える人妻H」でも読もうかしらん。

って、タイトル長すぎやでえ、しかし。おこるで、しかしぃ。メガネメガネメガネ。

桜木さゆみの中野さんネタがいつまで続くが心配やでえしかし。

がんばれ中野さんやでえしかし。


さて、入るか(読者投稿爆笑4コマ魂本当に笑える人妻Hを手にして退場の天本)
[PR]
by bithoney | 2005-05-21 21:01 | 六角亭日乗

【落語】皐月の独り看板 柳家喬太郎

ご説明:
カテゴリ「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」では天本の観劇メモをまとめております。
ネタバレもあるのでご注意下さい。
*********

■データ
有楽町 噺小屋 皐月の独り看板 柳家喬太郎
日付:2005年05月20日
場所:ニッポン放送イマジンスタジオ・有楽町

  そして番組は、
  「初天神」
  「すみれ荘201号室」
  「ほんとのこというと」

つづき(でも、中途半端な備忘です)
[PR]
by bithoney | 2005-05-21 20:28 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

手塩にかけるったあ、このことですな。


旨いもんが好きで。

こうしてネットをいじれる環境にある人の多くがハマったと思われる「鳥はむ」。

例に漏れずわたくしもハマりました。

読んで字の如く「鳥のハム」。でもハムは平仮名で「はむ」が正しい。

出典は2ちゃんねる。

生の鶏肉にハチミツ(糖分のあるものなら基本的に何でも可)と塩をすり込み寝かし、塩抜きの後茹でるのみ、、、

っつーお手軽さが受けたのでございます。


この「鳥はむ」もステキに旨いのですが、今、わたくしがハマっているのは「塩豚」。

これもオススメなんでございますヨ。

豚肉のブロック(ばら肉がおすすめ)に塩をすり込んで、ラップをぴっちりかけて冷蔵庫で寝かせるだけで

「うひー、これが塩だけの旨みですかっっ!」

と驚くほどの複雑な熟成の味わい。

今まで、高い金だしてパンチェッタ買ってたけれど、今じゃすっかり塩豚派。はぐれ刑事塩豚派でございますよ。

一日寝かしただけでも旨いけれど、3日4日経った頃からなんとも言えない熟れた果物に似た旨さがしたたります。

   ピンポーン。注意事項。
   塩をすり込んだ豚肉は半日もすれば肉汁でベタベタするので、
   それをふき取ってラップを巻きなおしてね。

   ピンポーン。さらに注意事項。
   調理前に、塩抜きしてね。
   詳しくは、適当な検索エンジンで「塩豚」をご参照下さいまし。

ぐふぐふ。

今週の頭に仕込んで置いた塩ブタちゃんがお待ちかねなので、週末は塊肉のカレーでございます。

ぐふぐふ。

水で茹でて美味しいスープを取るのもいいけれど、

拙宅では、大量のたまねぎのみじん切りの中に塩ブタちゃんを埋め込み、

上から蓋をするように香味野菜をかぶせて蒸し煮するのでございますヨ。

ぐふぐふ。
[PR]
by bithoney | 2005-05-20 00:48 | 六角亭日乗

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング