。はにかむ



<   2004年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


そして伝説へ

天本ミツバチです。

昨日、秋葉原へ参りました。
お坊さまが3人、縦隊で秋葉原の電気街を練り歩いていたのでございます。

b0026188_2019073.jpg


て。
3人とも僧侶て。
パーティメンバー全員が僧侶て。

秋葉原だからいいものを、これがドラクエの世界ならば生きるか死ぬかギリギリの
パーティメンバーではございませぬか。
なんと云ふバランスの悪いパーティ。

防具は袈裟しか装備できない上に、頭はつるつる。
「つうこんのいちげき」を受けたら無防備な脳天から血がピューと噴出してしまうで
はございませぬか。
ピューと。

しかも、3人ともホイミとキアリーしか覚えてないレベル5あたり(と推測される)
ではございませぬか。

ちょっとシミュレーションしてみませう。
対するは初心者向けのドラキー。

  てってろりー、てろり、ぴろぴろりん♪

  ピロリ。
  ドラキーのこうげき。
  ぼうさん1は、30のダメージ。

  ピロリ。
  ぼうさん1はホイミをとなえた。
  ぼうさん1は30のかいふく。

  ピロリ。
  ドラキーのこうげき。
  ぼうさん2は、30のダメージ。

  ピロリ。
  ぼうさん2はホイミをとなえた。
  ぼうさん2は30のかいふく。

  ピロリ。
  ドラキーのこうげき。
  ぼうさん3は、30のダメージ。

  ピロリ。
  ぼうさん3はホイミを、、、、

って、待て、待て、待て、待て、待て。待てぃ。
あいや、暫く。
なんですか、その命のバケツリレーは。
哀しくて、目頭が熱くなるではありませぬか。
「いのちだいじに」しすぎです。

いっそ心を鬼にしての「がんがんいこうぜ」に変更でございます。

  てってろりー、てろり、ぴろぴろりん♪

  ピロリ。
  ドラキーのこうげき。
  ぼうさん1は、30のダメージ。

  ピロリ。
  ぼうさん1のこうげき。
  ミス。

  ピロリ。
  ドラキーのこうげき。
  ぼうさん2は、30のダメージ。

  ピロリ。
  ぼうさん2のこうげき。
  ミス。

  ピロリ。
  ドラキーのこうげき。
  ぼうさん3は、30のダメージ。

  ピロリ。
  ぼうさん1のこうげき。
  ミス、、、、、て待て待て待て待て待て待て待て。

待て待て。
なんですか、そのミス連発は。
牛乳拭いた雑巾で机を拭くような台無しさではありませぬか。
なんですか、その運動能力の底値っぷりは。
「スーパーにこにこマート」ですか、あんた達は。
サラダ油1本87円まあ安い、ですか、あんた達は。

ああ、心配だ。

心配でなりませぬ。
わたくしは、今、猛烈にお坊さまパーティが心配でなりませぬ。

して、後をつけることにしました。


お坊さまは、縦列のまま、入り口の狭いジャンク屋へ吸い込まれるように入って行き
ました。

ジャンク屋て。
、、、、すげえ、猛者じゃねえか。

猛者と申しますか、メタルスライムを発見したらとっさに毒針に装備を替えてチクチ
クやりそうな玄人っぷりじゃあございませぬか。


あんたたちなら世界を救える。多分。
[PR]
by bithoney | 2004-09-18 20:18 | 六角亭日乗

2004年10月上旬の観劇リスト

2004.10月上旬の観劇記録

  いっきに列挙。

2004/10/17
  三越歌舞伎
  三越劇場・日本橋

  演目は、
  双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)
   ~角力場
  弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)
   ~浜松屋店先より稲瀬川勢揃いまで

  主演は市川亀治郎・片岡愛之助・中村獅童・坂東亀寿・尾上松也。
  まばゆいばかりのアイドル歌舞伎と申しませうか。
  筋書きなんかもう、タレントの写真集の体裁。
  歌舞伎はそういう熱気があってこそだと思うので、嬉しい。
  やっぱり、若い娘さんがポーっとなるようなもんであって欲しい。
  芸と華。

2004/10/16
  スタニスラフ・ブーニン ピアノリサイタル
  サントリーホール

  気持ちいい。
  曲が脳にしみこみ、記憶に刻まれる感覚が気持ちいい。
  不思議な感覚。
  ところで、聴いてるってよりもブーニンを見ているって感じのお客さんの目線が面白かったです。

  ベートーヴェン
   :アンダンテ・ファヴォリ ヘ長調
   :ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調「ワルトシュタイン」
  ドビュッシー
   :「ベルガマスク組曲」
     前奏曲 メヌエット 月の光 パスピエ
   :マスク
   :喜びの島
  アンコール曲
   :ドビュッシー「アラベスク」
   :メンデルスゾーン「無言歌集 より」

2004/10/16
  夜叉ヶ池
  パルコ劇場・渋谷

  松田龍平って目をひくなあ。
  それにしても、若い役者さんに「とぼけた間」を
  ムリに出させる演出は酷だと思いましてよ。

2004/10/11
  10月歌舞伎公演「伊賀越道中双六」
  国立劇場大ホール・半蔵門

  幕は、
  序 幕 鎌倉和田行家屋敷の場
  二幕目 大和郡山唐木政右衛門屋敷の場
   同   誉田家城中の場
  三幕目 駿州沼津棒鼻の場
   同   平作住居の場
   同   千本松原の場
  大 詰 伊賀上野城下口の場
   同   馬場先の場

  敵討ちのドラマ。
  三幕目の沼津で、いきなり話の筋とは関係の無さそうな
  人のいい中年の商人とこれまた人のいい老人が出てきて
  微笑ましいやりとりをするのだけど、それが仇討ちの件と
  絶妙に絡んでくるのが圧巻。

2004/10/10
  芸術祭十月大歌舞伎・夜の部
  歌舞伎座・銀座

  演目は、
  「井伊大老」(いいたいろう)
  「実盛物語」(さねもりものがたり)
  「雪暮夜入谷畦道」(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)

  三芝居、松本幸四郎・片岡仁左衛門・尾上菊五郎、
  と、主役も立て続けに絢爛。
  この方々はお声の通りっぷりも良くて惚れ惚れします。

  井伊…この話の井伊直弼の描き方がとても好き。
  
  実盛…は、ついこないだ(去年の12月だっけな?)に
  同じ歌舞伎座で上演したばかり。
  その時の実盛は市川新之助(現海老蔵)だった。
  好みの問題だけど仁左衛門の実盛が子供への優しさが
  にじみ出ていていいな。
  (海老蔵ファンごめんね。でも海老さまもステキでしたよ。)

  雪…菊五郎は相手を美しさを際立たせるような気がする。
  多分、時蔵は舞台の上で菊五郎に惚れちゃってンだろな。
  それにしても、蕎麦が食べたくなるなあ、このお話は。

2004/10/03
  1954のホテルライフ
  THEATRE1010・北千住

  分かりやすいスジが観客層の幅広さに合っていました。
  ちなみに、
  「THEATRE1010」の1010は千住(千と十)のシャレだと。
  いいなあ、こういう温かみ。

  同じ劇場で公演予定のイッセー尾形はすでに満席。
  はー、ガッカリ、ガッカリ。
  観てえよお。観てえよお。ばたばた(仰向けの大の字で)。
[PR]
by bithoney | 2004-09-01 21:54 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

2004年09月の観劇リスト

2004/09/26
  九月文楽公演 夜の部
  国立劇場小ホール・半蔵門

  演目は
  『恋女房染分手綱』(こいにょうぼうそめわけたづな)
  またもや、先日歌舞伎座で観たものと同じ演目。

  うーむ。
  文楽にもハマってしまいそう。

2004/09/22
  九月文楽公演 昼の部
  国立劇場小ホール・半蔵門

  演目は
  『双蝶々曲輪日記』(ふたつちょうちょうくるわにっき)
  先日歌舞伎で同じ演目を観たばかり。

  文楽人形は、一体の人形を3人がかりで操ります。
  右手と頭、左手、足、の三箇所をそれぞれ動かすのですが、
  軸がずれない様が圧巻。
  例えば刀を鞘に収める形は、
  右手と左手は別々の人が操作しているのですが、
  キラと刃が光ったかと思うと
  すでにカチリと鞘に入っている。
  その閃光のような動き。

  そして、
  波に浚われる砂の動きと申しましょうか、
  抑えた動きもまた迫るものがありました。

2004/09/21
  よしもと バラエティー・ショー
  よみうりホール・有楽町

  中川家・ハリガネロック・ダイノジ・ペナルティ・$10・あべこうじ、の面々は客層もしくは客の入りのせいか、やりづらそうでした。

2004/09/18
  国立演芸場・中席
  半蔵門

  橘家蔵之助・ビックボーイズ・橘家小里ん・国本武春・ドリームかずよし・一龍斎貞水

2004/09/16
  江戸川乱歩新作落語
  池袋演芸場・池袋

  入船亭扇治(柳家喬太郎代演)「心理試験」
  鈴々亭馬桜「防空壕」
  三遊亭圓窓「押し絵と旅する男」

  客席は満席。
  落語を愛する人。乱歩を愛する人。そして池袋を愛する人。
  蜜のようなトロリとした時間が流れてゆく快さたるや。

2004/09/13
  江戸川乱歩新作落語
  池袋演芸場・池袋

  三遊亭白鳥「人間椅子」
  鈴々亭馬桜「人でなしの恋」
  三遊亭圓窓「押し絵と旅する男」

  ハクチョウお座敷三回転(キャット空中三回転風)に、手に汗握りました(色んな意味で握りました)

  馬桜師匠は最後に「やっこさん」を踊って下さいました。
  話が話の上、馬桜の話術たるや引き込まれてしまうので、こうやって現実に引き戻してくれるとありがたいです。

  圓窓師匠の噺は繰り返し聴きたい。
  乱歩ファンみなさんにも是非お聞かせしたい。

2004/09/12
  痛くなるまで目に入れろ G2プロデュース
  紀伊国屋ホール・新宿

  ところどころのふざけたセリフがとても面白かったです。

2004/09/12
  九月大歌舞伎 昼の部
  歌舞伎座・銀座

  贅沢にも連日の歌舞伎見物。幸せでございまス。
  演目は
  『高時』(たかとき)
  『茶壷』(ちゃつぼ)
  『一本刀土俵入』(いっぽんがたなどひょういり)
  『菊薫縁羽衣』(きくかおるゆかりのはごろも)

  高時…は北条高時と8人の烏天狗が舞う場面もあり、
  何とも不思議な話し。
  茶壷…三津五郎丈の踊りから目が離せません。
  一本刀…因果なことに勘九郎と云う人はどうしても人(客)から
  愛されてしまう方なんだなあ、、、と。つくづく思う。
  菊薫…初代中村宜生初舞台!でございまス。
  ああ、もう、おばちゃん、すっかり贔屓ヨ。
  それにしても、舞台に芝翫が居るだけで、
  他の役者達の点を、線で結んでまとめてしまう。美しい。


2004/09/11
  九月大歌舞伎 夜の部
  歌舞伎座・銀座

  演目は
  『恋女房染分手綱』(こいにょうぼうそめわけたづな)
  『男女道成寺』(めおとどうじょうじ)
  『蔦紅葉宇都谷峠』(つたもみじうつのやとうげ)

  恋女房…は(現代人から見れば実に)理不尽な母と子の別れの話し。
  もう少し若い頃に見れば、
  子の不憫さに、鬼のような母親と涙を零したことでしょうが、
  この歳になると、
  こうさせてしまう時代にやるせない気持ちが広がります。

  男女…はご存知安珍と清姫の話しをベースにした舞い
  清姫の化身は当世福助が花子を。そして桜子は橋之助。
  途中桜子が実は狂言師左近と云う男、と云うメリハリの効いた展開
  「中村宜生」初舞台。

  蔦紅葉…は悪に堕ちた三津五郎丈のすごみ
  悪の美学などと申しますが、ここにある悪はただ悪い悪。
  そこを三津五郎演じるところの伊丹屋十兵衛の品と、
  この悪が危ういバランスで絡みつきます。

  後味の苦い話しが続きましたが、
  橋之助丈の三男「宜生」ちゃんが9月公演で初舞台を踏むとあって
  全体的にお祝いムード。

  もうね、おばちゃんね、宜生ちゃんに夢中。
  3歳になったばかりなのに、
  パパの横にちょこんと大人しく座って、
  お客さんに深深とお辞儀をするの。
  キューン。なでなでしたい。

  そして、宜生ちゃんのお祝い幕。
  成駒屋ゆかりの紋と一緒におもちゃを散りばめた愛らしい意匠。


2004/09/04
  タイツ祭り劇団スーパー・エキセントリック・シアター
  博品館劇場・銀座

  演者がみな全身タイツを着用しています。
  とても面白かったのですが、
  どこら辺が「祭り」なのか分かりませんでした。
  一体、何者への捧げものなのでしょうか全身タイツ。

  八百万っつー位だから
  この世の中には、
  「全身タイツの神様」とか
  「もっこりの神様」なんかが居るのか?
[PR]
by bithoney | 2004-09-01 20:59 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング