。はにかむ



<   2004年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


<聴けないムリを聴くんだぜ>


 昼下り。

 ふと、口に出してみたのだ。「なぞなぞはなぞだ」と。

 いや、脈絡もなく頭にもたげたのだ「なぞなぞ」と云う言葉、

そのリズムが。


 謎を「ワケわかんねー」と訳すとすれば、それを2回も繰り

返しちゃっているなぞなぞと云う言葉は、問い掛けられた者

が「ワケわかんねー、ワケわかんねー。」と、煩悶する様を

映した言葉ではあるまいか。ワケわかんねーっすヨ、マジで

ワケわかんねーっすヨ、勘弁してして欲しいっすヨ、マジで。

なぞなぞに対して真剣に向き合う(その上アホ)様子が伝わ

って来るではないか。


 違います。即答。なぞなぞとは出題者が「何ぞ何ぞ」と問い

掛けている様子だそうな。ふうん。

 いやしかし、「何ぞ」ならまだしも「何ぞ何ぞ」と繰り返し詰め

寄られてもなあ。出題者は何をそんなに熱くなっているのだ。

 謎だ。謎である。


 それはさておき。

 子供の時分に読んだ「なぞなぞの本」には理不尽が詰まっ

ていた。リフジン。がらがらがらがらがら。いやそれはイソジン。

理不尽でうがいをしてどうする。話を戻す。


 「カバが逆立ちするとな〜んだ」

 「こたえはバカ」


 (眩暈)。答えは馬鹿って。

 しかも、なぞなぞの横には逆立ちしたカバが「ボクはバカ

れ〜す」と語る挿絵が。

 、、、いや、カバはカバだろ。

 仮に、ここに哀川翔が居るとしよう。「哀しい川が翔ぶ。」と

書くあの哀川翔である。さあ哀川翔よ、唐突だが逆立ちしろ。

まあ、哀川翔のままだわな。ならば、「河の馬」と書いて河馬

は逆立ちしたって河馬だって河馬のままじゃあございまヌか。


 しかもカバときたらバカとしての演出のためか、ご丁寧にも

鼻水を垂れ流し、なぜか玉乗りをしている。玉乗り?

 人知を超えたカバである。人語まで操っている。その上、

語尾で「れ〜す」とおどけるなぞ故タコ八郎師匠の芸風を

模していて心憎いし、はては故林家三平師匠をも髣髴させる

凄みのある話芸だ。

 そもそも、逆立ちするカバってとこからしてバカどころか

天才のきらめきを感じるではないか、その上玉乗りとは恐れ

入る。だいたい、バカの符牒がなぜ「玉乗り」なのだ。出題者

の更なる謎かけに迷いこんでしまいそうだ。


 「カバが逆立ちするとな〜んだ」

 「こたえはバカ」

 とんだ問答に引き込まれたものだ。




 「聴けないムリを聴くんだぜ」部長、今日は定時で帰ります。いやわざわざ言わなくても中島さんは昨日も定時だったよ。はっはっは、部長、実は小生一昨日も定時帰宅でありますぞmix
[PR]
by bithoney | 2004-05-14 00:00 | :::昔書いたもの

<メダカライフ>


 ♪せちがらいね♪

 ♪コレしかないね♪



 おじちゃん!おじちゃん!ひどいヤ!


 「なんだい、ぼうや」


 去年おじちゃんとこで買った、カラー池乃めだか(ピンク)。

ネクタイの長さより背が大きくならないって言うから買ったの

にもう2M超えちゃったヨ!


 「あー、ネクタイにも色々あるだろ。

   おじちゃんが言ったのはアンドレ・ザ・ジャイアント

   ネクタイの長さだよ、ぼうや。」



 いくらカラー池乃めだかが可愛いからとは言え、後先を

考えずに縁日で買ってはいけないよ、と云う教訓ですネ。

2Mを越した池乃めだかちゃんをちゃんと世話できますか?

出来ますか、アータ! 死ぬまで面倒みれますか、アータ。

アータ!2Mを越し、一人では大き過ぎるが二人では数が

合わない一人民族大移動状態の上にピンク色に発色した

池乃めだかちゃんを! ちなみに、少なくとも60年は生き

ますからネ、師匠は( 1943年生まれで2004年の現在も

お元気だ)



 って、なぜ、池乃めだか師匠の話をしているのだ。

 しかも縁日て。カラーて。ピンクて。仕事中に。



 ♪サボリのツボがあるみたい。だーねー♪

 と、云うワケでサブタイトルは「カニ(バサミ)ライフ」。


 ああ、今日もアップして終わりとは。

 ♪サボリのツボがあるみたい。だーねー♪


 この辺で勘弁しといたらあ(お決まり)
[PR]
by bithoney | 2004-05-10 00:00 | :::昔書いたもの

<Yeah!もっさりホリディ>


 おります。

 滅相もない。おります。

 ネット生活から離れておりました、中島です。滅相もない。

 皆様ご機嫌うるわしゅうございましょうや?


 さて、連休でしたね。

 はて、連休?

 いえ、ですから。めっちゃ(ホリディ)、と云ふハジケっぷり

(と申しますか、つんくっぷりと申しますか、ハジケと申すより、

もはやハタケ、もしやシャ乱Q風味)は三十路の折り返し地点

をターンせんとばかりに身体の重心を傾けている女にとって

かなり負担がかかる危ういバランスございましテ。給水所で

スペシャルドリンク取らずにガム取っちゃうQちゃん、包み紙

を千切っては投げガムを頬張り引きつった笑顔でニッコリ、

包み紙を千切っては投げガムを頬張り引きつった笑顔でニッ

コリ、頬がハムスターのようになってまでスポンサーに媚びて

しまうQちゃんを彷彿させるほどの無理っぷりでございまス。

高橋尚子はそんなことしねえよ(自動つっこみ機能発動)。


 わたくし「イヤーンもっさりホリディ」だったワケでございまス。

つまり、生えっ放しの腋毛のように奔放なホリディ満喫でござ

いまス。黒木瞳でございまス(←間違えてますヨ、中島さん)。

とは云うものの、脇はレーザ脱毛処理済の中島さんユエに、

無論もっさりは比喩でございまス。黒木瞳でございまス(香!

香!←自動つっこみ機能発動)。


 いつもながらに、具体的ではない日記で大笑いなのですが、

まあ人並みに過ごしておりました。天性のひきこもりスキルの

高さを誇るわたくしでございまスが、藤の花を愛でたり(枯れて

ました)、観劇なんぞしたり(狂言を観に行ったら京極夏彦に

出くわしました。太平シロー師匠によく似ておいでだ。)。

 この連休中に喰ったものを列挙してみる。胃の腑へ落ちる

様は生き様と申しますユエ。
[PR]
by bithoney | 2004-05-07 00:00 | :::昔書いたもの

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング