。はにかむ



<   2004年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


<それすらも日々のシャケ>

 
 東京の某所に「シグマビル」と云う雑居ビルがございまス。

かっこいいね、Σだってさ。Mが寝ただけの形のクセにシグマ

だなんて図々しいほどかっこいい。スキヤキぐらいかっこいい。

 シグマシグマゴッドシグマぱぱん(手拍子)。


 さて、そんなかっこいい名前の、このシグマビル。

 ここに届く郵便物の約1%は宛名に「ヒグマビル」と書かれ

ているそうです。東京と云う条件を鑑みるに、ヒグマをシグマ

と発音してしまい、相手方が間違えて覚えてしまう、、のなら

理解できますが、その逆って。シグマをヒグマって。

 ま、かわいいから許す。


 だって、ヒグマですヨ。ヒグマ。ヒ熊。漢字で書くと樋熊。

 オケグマと読まれかねない、樋熊。ヘタをしたらトイグマ

とも呼ばれかねない危うさ、樋熊。

 まあ、国語力の低下はおいといてだな。

 年寄りに背負い投げされてしまうニュースでお馴染みの

ヒグマですよ、ヒグマ。少なくとも年に2回は投げられてる

よな、おまへらヒグマは。投げられ過ぎ。脇が甘い。バッチ

こい、バッチこい、ヒグマ。ガツーン(ひぐまが中島に当たっ

てくる)バチーン(それをはじく中島)次! ガツーン(次の

ヒグマが中島に当たってくる)バチーン(それをはじく中島)

 ヒグマのぶつかり稽古に付き合ってる場合じゃなくてな。


 しかし、かわいいよなあ。ひぐまビルだって。がおー。

 きっと、社員はみんな、ひぐま。

 きっと、お給料はみんな、シャケ。

 ああ、そのシャケで頬を叩いて。叩いて。びたんびたん。



 何をしてもかわいい。


 ひぐまだもんなあ。


 ちなみにビルといえば、「くちビル」と云う気絶するほど

悩ましい名前のビルがあるそうだ。

 ちなみついでに、「くちびるネットワーク」を歌った岡田

有希子の遺書は「あこがれていたのに、最近冷たくされて

悲しい。勝手なことしてすみません」だ。


 オチとしていかがなものか(反省)
[PR]
by bithoney | 2004-04-28 00:00 | :::昔書いたもの

<捩れ無き古木たち>


 あーあー。本日は晴天なり。テステス。

 久方ぶりにカフェスタにログイン。テステス。

 何すればいいんでしたっけ?日記?そう、日記?

 洋子さん、わたしゃあ日記をつけましたっけねえ?

 (今、つけてるでしょ、おじーちゃん)

 はいはい、そうですか。


 そんなワケで(洋子の事情で)、
 
 何とは無しに、ネットで「バームクーヘン」を検索していて

バームクーヘンを愛する人々が集うサイトを発見したのです

が、その中に

>バウムクーヘン超美味い!大好き!
>生まれ変わったらバウムクーヘンになります

 と言う書き込みがありました。


 おまへ、ちょっとそこ座れ。

 おまへがバームクーヘンそのものになってどうする。

 喰われてどうする。


 ほんとにもう、愛って奴ぁ猛スピードさ。



 はてさて(ふふー)はて(ふふー)。

 食い物になるなら、いっそ「ほねっこ」になりたいですね。

 あんなに夢中でふがふがと喰われたら、ほねっこ冥利

と云うか食い物としての本懐でございませう。喰うのは犬

畜生だとしてもです。できれば、チワワにちまちま食われる

のではなく、ヨダレだらだら垂れ流した土佐犬に食われたい。

 よろしく土佐ドッグ!ワンワン!

 夜露死苦土佐犬!(セロニアス風)



 よろしく土佐ドッグ!ワンワン!すみません、なんだか

むやみやたらに気に入ってしまいました。

 よろしく土佐ドッグ!ワンワン!

 さあ、ご一緒に。 よろしく土佐ドッグ!ワンワン!


 バームクーヘンに話を戻しますとねワンワン。

 あれ、やっぱり剥がしながら喰うのが旨い。繊細かつ

ワイルドに。

 昔ね、リングネームは忘れたけど褐色の肌に豹柄の

毛皮のマントを羽織ったレスラーが居てさ。もう、ワイルド

なの、崖っぷちでウオーって叫ぶ吉田栄作なんて目じゃ

ないですヨ。ところで、今、何してるかねえ新加勢大周。

新加勢大周はともかく、そのレスラーの野性味たるや、

毛皮のマントを剥ぐようにバッと脱ぐ様もワイルドさー。

 でも、丁寧にたたみ出したの。毛皮のマントを。毛皮

の方を内側にして、真四角にたたんだの。


 ワイルド! かつ 繊細!

 そう、このレスラーのように食べたいものです。

 (皆様に伝わっておりますでせうか。わたくし、誠に

不安でございまス。)
[PR]
by bithoney | 2004-04-22 00:00 | :::昔書いたもの

<無縁にご縁、ご無体なムエタイ>

 
 4月から「消費者に提示する価格表示は消費税込の支払

総額でなければならない」っつーオカミのお達しにより「総額

表示」が義務付けられるようになりましたヨ。




 と、云うワケでこないだラブホテルへ行ったら、フロントに

ある部屋一覧もいちいち総額表示でなんだか笑えました。

 こまかー。


 「7,500円」が総額表示で「7,87円」だの。

 「10,500円」が総額表示で「11,02円」だの。

 こまかー。

 しかし、細かさユエに、なまめかしく生々しーい。



 あまり恋人同士で5円玉を一緒にしげしげと眺める機会は

ないものだが、一度、5円を間に挟んで悩んでみるものいい

かもしれないねェ。


 そう。

 恋人達の距離感は、その割り切れない5円。

 温度差も割り切れない5円分。

 別れられない未練も割り切れない5円。




 なんつってなんつって。ぜってーそんな物思いにふけねー。

 そんな綺麗にオチがつくような道じゃあございませんのヨ。

 だから、オツなんだけど。
[PR]
by bithoney | 2004-04-12 00:00 | :::昔書いたもの

<有休取ってブランコ漕いだ>


 昨日の昼はひたすらブランコを漕いでいた。


 ぎーこ、ぎーこ。

 孵化、蛹化、羽化。

 卵から孵り、サナギになって、羽生えて、そしてさよおなら。


 下がり、一瞬とまり、前へ飛び出す。

 ブランコを漕ぐと云うことは、虫となって生やら死やらの業

を繰り返す行為、などと思っても居ないことを吐いてみる。



 孵化、蛹化、羽化。

 ふーかよーかうーか


 視界が低く高く移り変わり、桜が伸びたり縮んだりしながら

花を落として行く。

 漕ぐ直前に大盛りラーメンなどを食ったものだから口から

ぴゅーっと出そうになる。引く時に出れば、前へ漕ぐときに

ちゅるちゅるとすすれるかもしれない。そしてまた吐き、また

すする。いつか夢見た永久機関。きたねえな。



 手に染み付いた鉄臭さを嗅ぎながら、家に戻る。

 夕べはパヴァロッティのコンサートがあって、とても楽しみ

にしていたので、存分に身体に歌声を染み込ませるために

気持ちを思いっきり緩めておきたかったワケです。

 ブランコはいいミソギになりました。
[PR]
by bithoney | 2004-04-07 00:00 | :::昔書いたもの

<それは兎も角、おぎやあって鳴く猫の方がおかしい>

 
 わたくし、ヒヤリングがとても悪うございまして。


 例えば、チェルシーのCMのあの有名なセリフ

 「あなたにもぉ、チェルシーあげたい」

 が

 「鼻の穴にもぉ、チェルシー詰めたい」

 と聞こえておりました。いや、子供の頃の話しだけどサ。



 そんなわたくしですユエに「オマーン」と鳴く猫の話しを友人

にしても「また空耳だ」と鼻で笑われる始末。

 それでも、しつこく会う人会う人に「オマーン」猫の話をして

おったのですが、先日これに対して

「うちの隣で飼われている猫なんか、カメルーンって鳴くヨ」

と反撃されてしまいました。



 か、かめるーん

 カメルーンと鳴く猫、、、、。

 なんだろう、この謂れの無い敗北感は。

 よりによって、カメルーンとは。

 まるっきりウソっぽいのに、「カメルーンと鳴く猫」と鳴く猫

と云うインパクトが無駄にかっこいい。


 目を閉じて「オマーン」と呟いてみても鶴光師匠しか思い

浮かばず(<それは中島のイメージが貧困なダケでは)。

 かたや「カメルーン」。呟こうものなら中津江村だの、坂本

休村長だの、カルメン・マキだの、じゅわいよくちゅーるマキ

だの、マキ上田で駆け巡る青春だの、マイク真木だの、薔薇

が咲いた薔薇が咲いた真っ赤なバラだの、まあなんて素敵

なイメージの宝石箱。きらめいてるわ、きらめいてるわ。

 なんせサッカーの試合中に黒魔術で相手チーム呪ってる

のが見つかってレッドカードくらった国だしなあ(※参照の事)、

そら「オマーン言う猫」なんざ屁でもないよなあ(どう云う勝負

だよ、それ)。

※参照URL:
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/wc2002/feb/o20020208_30.htm



 あ、1つ勝てるものがあった。

 知り合いのおじさんは「ニッポン」ってクシャミするよ!


 「ふぇーふぇー、、、、、、、、、、ニッポン!」


 、、、、、、だめだ、カメルーンと鳴く猫に比べると弱い。

 しかも人間だしなあ、、、。せめてニッポンと鳴くスッポン

だったらなあ。

 かと言って、「うちの近くのブッポウソウなんか【仏法僧】

って鳴くよ!」じゃダメだしなあ。ダメダメだなあ。いや、有り

難くていい鳴声の鳥だけど、そんなマジメじゃダメだ。まだ

おじさんの方がいい。


 あー、カメルーンと鳴く猫にこのまま負けっぱなしなのは

シャクだなあ。



 「うちの傍の池にいる鷺はオレオレって鳴くよ!」

 って、それダジャレじゃないか!喜久蔵師匠ですら大喜利

で言わないネタですヨ。減点です。


 どうしたものか。
[PR]
by bithoney | 2004-04-05 00:00 | :::昔書いたもの

<そこにあるのでかわいい>

 
 ロリーナのピンクレモネードの殻の瓶

 ラムネの瓶

 ラムネの殻の瓶

 ロリーナのピンクレモネードの瓶


 天気が良かったのでビルの屋上に並べてみました。
[PR]
by bithoney | 2004-04-02 00:00 | :::昔書いたもの

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング