。はにかむ



【Live】山口智充の月極報告会 第26回目


ご説明:
カテゴリ「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」では天本の観劇メモをまとめております。
ネタバレもあるのでご注意下さい。
*********

■データ
山口智充の月極報告会 第26回目
日付:2005年11月15日
場所:音楽の友ホール・神楽坂



3ヶ月ぶりの生グっさん。
ところで、山口智充をグっさんって呼ぶのってなんだか照れませんか?
友達でもねえのにグっさんって。タモさんとかなあ。
植草甚一をJJと呼ぶのとはワケが違うよな。そうだろJJ。
グっさんて。
今、この羞恥心と戦っております。ああん恥ずかしくて気持ちいい。

さて、進行はいつものスタイル。
画用紙に太いマジックで書かれた山口実筆「本日のお題」を、紙芝居のようにめくりながらトーク。
後半は、お客さんからあらかじめ集めたアンケート「ぐっさんに相談したいこと、報告したいこと」を使っての客いじり。

画用紙トークは
「大親友に12年ぶりに再会」
「来春放映のドラマで主役」
「小学館の小学6年生アンケートで」
などなど

ときおり話題にあがるファイヤーダンスの「キモさん」との再開。
言葉が通じないのに大親友。いい友達だなあ。

「旭山動物園」の復興を題材としたドラマに、アイデアマンの副園長役抜擢。
撮影はどんどん進んでいるそうな。
しかし、少々腹立たしかったのは(いや山口さんに対してではなく)
動物園の象やサイやアザラシ(成体)を山口に接触させて撮影を進めていること。
何を考えているんだ。動物舐めるのも対外になさい。
訓練された撮影用の動物ならまだしも。
動物に対する優しい気持ちはとても大事だと思うけれど、
「動物にだって気持ちは通じるよ」が前面にきて「畏敬」の気持ちが無いって
どうなんだろう。
白熊ピースの時もおもったけど。自然に対して恐れずに馴れ合おうとする日本人気質。

さておき、小学6年生のアンケート
「君たちが担任になって欲しいタレントさんは?」で
堂々の5位だったそうです。って5位。中途半端な。


お客さんから集まったアンケートは
「風呂場にねずみが出ます」だの
「いとこがフィットネスクラブにはまり過ぎて病院通いです」だの
「彼女がいるけどこの間見合いして、その見合い相手が今月末のりこんできます」だの
山口さんに対する相談(どうしましょう)ではなく、「報告」なのがいい。
彼女がいるけど見合いしたっつー男性は、
薄毛で気の弱そうな40代くらいの男性。二人の女性を天秤にかけている「チョイ悪」な自分にうっとりしているのですが、山口さんはそういうウットリ感に水を差さないように話を展開させてゆくんです。それでいて面白い。
相手をバカにして笑いをとるアホウが多い中、「グっさん」は素晴らしいですな。
[PR]
by bithoney | 2005-11-16 11:05 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
<< バーチャルは東京砂漠 【芝居】サド侯爵夫人 三幕 >>

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング