。はにかむ



【演芸】浅草演芸ホール五月上席 夜の部 (GW特別興行)


2009年05月09日
浅草演芸ホール

(途中から入場)
結城たかしの懐メロ
柳家福治 「狸の賽」
川柳川柳 「ガーコン」
にゃん子金魚
柳家さん吉 柳家だの談志周辺のお噂話
柳家はん治 「粗忽長屋」
入船亭扇橋 「彌次郎」
柳家小菊の粋曲
柳家権太楼 「代書屋」
柳家三三 「引越の夢」
花島世津子 「奇術」
古今亭志ん五 「うなぎ」
柳家小満ん 「鼓ヶ滝」
昭和のいるこいる
柳亭燕路 「だくだく」
林家正楽の紙切り
柳家小三治 「一眼国」

「小三治が心配できちゃった」扇橋に身もだえ。
しかし、小三治人気のすごさたるや。直前に入場してくるお客さんの多いこと多いこと。しかもお若くて綺麗なおねーさんが多い。

■結城たかし

 「いーい声だねぇ」
 「しかし、いーい声だねぇ」

■福治

 福治の狸は、愛らしくも人の目をまっすぐ射抜く。

■川柳

 「さ!盛り上げるぞ!」
 「だから私は、落語会のおくりびとって呼ばれてるの」
 川柳の本、絶賛発売中。

■にゃん金

 ゴリラの真似に客席から「待ってました!」と声かかる。
 「仕事ですから」

■さん吉

 「こないだね、小三治が連れていかなかったから扇橋さん泣いたのよ」
 「扇橋さん居るけど、もう、こんな(ぷるぷると頭をふるわす)だから」
 くるりと尻をまくって、赤い長じゅばんをみせつつ退場

■はん治

 語調というか、語尾のリズムがすごく好き。


■扇橋

 「今日は、小三治がトリで心配で、、、」
 千鳥の合方つけてチャンバラの手振り。それすらも惚けて。

■権太楼

 「居ないでしょうね(代書屋をなりわいとしている人)。居たら、ネタ変えます。
  芝浜やります!」
 「ふんどししめなさい。はみだしてる。」で、椅子をバタンバタンさせて受けてるご婦人が居た。朗らかでいい人っぽい。こういう人は、きっとカボチャの煮つけを作るのがすごくウマイと思う。

■三三

 「あらいぐま、ゆーとんねん!」「ダライラマ14世?」

■世津子おねーちゃん

 みんな大好き、世津子おねーちゃん。なんでか分からないけど、無性に好き。お膝に甘えてみたい。
 「赤いポンポンひっぱると、白いぽんぽんがひっこんで、白いぽんぽんひっぱると、青いぽんぽんがひっこんで、青いぽんぽんをひっぱると、黄色いぽんぽんがひっこむの」

 「固い!、、、、日経か」で待ってました!と声をかければよかったと、いつも後で悔やむわたくし。

■志ん五

 今思えば、クサナギ君がモロ出しで絶叫していた、例の「しんごー!しんごー!」はもしかして「古今亭しんごー!古今亭しんごー!」と云いたかったのではあるまいか?
 深夜の公園で、クサナギ君と志ん五の二人で絶叫して貰いたくもある。
 「しんごー!しんごー!」 「あんちゃーん!あんちゃーん!」
 「しんごー!しんごー!」 「あんちゃーん!あんちゃーん!」

■小三治

 浅草界隈(奥山おまいりミチ)を賑わせていた見世物小屋のマクラ。
 「大ザル小ザル」に「ベナ」 ザルは笊。ベナはひっくり返した鍋。

 「お茶屋と言ってもねぇ、、、お茶っ葉売ってるワケじゃない。
  お茶屋、それはねぇ、、、今で言うと、、、、、、、、、今じゃ言えない」
[PR]
by bithoney | 2009-05-13 12:20 | :芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
<< 【落語】一之輔のらくだを聴く会 【歌舞伎】五月大歌舞伎 昼の部 >>

泣くが嫌さに笑い候。
検索
このBlogについて
中島蜜蜂と申します。はにかみ屋でございます。

このブログは以下5つのカテゴリで運営しております。

+六角亭日乗
 日記っつーより雑文
+自己紹介
 自己紹介です
+芝居浄瑠璃芋蛸南瓜
 主に落語と歌舞伎の観劇雑文。マニアじゃない。
+リンク集
 よく行くとこ。
+++昔書いたもの
 別のサイトで書いてたヤツ

更新のメインは「六角亭日乗」と「芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」。伸びきった金玉のようなペースで。

以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング